This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

2020.07.27 Eugen Kamenew

WhatsInMyCameraBag - Eugen Kamenew

Eugen Kamenew

フリーランスのエクスペディション写真家。自分自身をコンスモポリタンと考えている。カザフスタンに生まれ、ロシアで育ち、映画撮影術をアメリカのHawaii Pacific Universityで学び、社会学の修了証書をドイツのPhilipps University Marburgで取得している。
天文撮影を専門とする写真家として、写真は社会的、政治的、文化的な境界線はないと信じている。富士フイルムのXシステムは夜空の美しさを独特な作法で魅せてくれると考えている。高性能なX-Trans CMOSセンサーと非球面のフジノンレンズが暗い中での撮影の限界を取っ払ってくれる。
探検中、機材はほとんど”存在感がない”。Xカメラは軽く、荷物もまとめやすい。そして、使いやすい。重いDSLRを家に置いてから撮影方法ががらりと変わってしまった。
Xシステムの高いパフォーマンスはKamenewの作品に映し出されている。彼の作品は宇宙と文明の共生である。「地球は、同じ空の元、全ての人のためにある」と信じている。彼の作品は今までいくつもの賞を獲得してきた。2014年には天文撮影で最も権威のある賞を受賞している。 Night Magazineがグリニッジ天文台とBBCともにカテゴリーを主催する “”People and Sky””の””Astrophotographer of the Year 2014″”にノミネートされた。

  • X-Photographer Eugen Kamanewが写真を撮るときは、たいてい空を向いています。国際的に有名なこの写真家のお気に入りの動機は、無限の宇宙にあります。北極圏のオーロラや皆既日食を撮影するためには、世界中を旅しなければならないだけでなく、適切な機材が必要です。
    記事「#WhatsInMyCameraBag」では、氷点下や暗闇、長時間露光、長時間の使用などの環境下でも、オイゲンの期待を裏切らないカメラやレンズを紹介しています。

  • 北極圏で使うXシリーズ

    FUJIFILM X-Photographerとして、宇宙の美しさと美学を表現しています。数年前からFUJIFILM Xシステムのシステムカメラを使っています。堅牢な撮影ケースには常に7台以上のカメラを持ち歩いています。現在は、FUJIFILM X-T3FUJIFILM X-Pro3FUJIFILM X-E3FUJIFILM X-E3FUJIFILM X-T30FUJIFILM X-H1FUJIFILM X100F。さらに、FUJIFILM X-T2や2台のFUJIFILM X-T1などの前モデルもよく使います。
    カメラの数が多いのは、1台のカメラが故障した時のバックアップにはなりません。むしろ安全を考えて、珍しい天文現象を複数のカメラで同時に記録したいと思っています。1台のカメラだけを使うのは、個人的にはリスクが大きすぎると思います。
    特に流れ星の撮影をしていると、使用するカメラの数によって流星を1つでも多くキャッチできる確率が高くなります。


  • ダンベル星雲、M27|FUJIFILM X-T2 18インチRitchey-Chrétien反射望遠鏡、望遠鏡径D=46cm、望遠鏡焦点距離F=3640mm|120秒 | ISO 6400<br
    ポストプロダクション:明5フレーム、暗5フレーム、オフセット5フレームの組み合わせ。

  • 金星を背景にしたFUJIFILM X-H1

    FUJIFILM X-T3|FUJIFILM X-T3|F2.8|8秒|ISO 200|55mm | ISO 200|55mm.
    </span
  • 宇宙を撮るときに選ぶレンズは?

    毎年3月には人気のオーロラツアーを行っています。オーロラは四方八方から見渡せるので、7台のカメラで夜空を一望できます。オーロラ撮影には、現在市販されているフジノンの広角レンズを全て使用しています。 FUJINON XF8-16mmF2.8 R LM WRFUJINON XF10-24mmF4.0 R OISFUJINON XF16mmF1.4 R WRFUJINON XF18mmF2 RFUJINON XF14mmF2.8 RFUJINON XF16-55mmF2.8 R LM WRFUJINON XF18-55mmF2.8-4.0 R LM OIS


  • 2019年2月7日にチリで皆既日食
    4K動画から切り取った1コマ | FUJIFILM X-T3 | FUJINON XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR | FUJIFILM XF2X TC WRテレコンバーター

  • スウェーデンでの写真旅行中のオーロラ
    FUJIFILM X-Pro2 | F4.0 | 8秒 | ISO 6400 | 10mm.

  • スウェーデンでの写真旅行中のオーロラ
    FUJIFILM X-T1 | F2.8 | 8秒 | ISO 6400 | 8mm.

  • FUJIFILM X-Pro3とFUJINON 200mmF2 R LM OIS WRで天の川を撮影
    FUJIFILM X-T3 | F1.4 | 30秒 | ISO 2000 | 16mm
  • アイシングに対する電熱バンド

    極寒のマイナス気温でレンズが凍らないように、私は写真ケースに電熱バンドを入れています。例えば、FUJIFILM X-T3や、FUJIFILM X-Pro3は、耐候性があり、摂氏-10度と低い温度でも動作します。その他のモデル、例えば FUJIFILM X-T30は耐候性はありませんが、0℃まで動作します。私はこれまで何年にもわたってオーロラの旅を提供してきましたが、FUJIFILMのカメラが故障したことは一度もありませんでした。さらに、FUJIFILMのカメラは耐候性のないものでも、-33.8℃という低い気温の中、北極圏の夜を徹して撮影したことがあります。この事実が、FUJIFILM Xシリーズの耐久性と信頼性の高さを証明しています。

  • バッテリー、メモリーカード

    空っぽのバッテリーと満タンのメモリーカードほど悪いものはない。だから、私のフォトケースには、FUJIFILM X-Tの全機種に対応する追加のバッテリーハンドルと、たくさんの充電済みバッテリー、そして大容量のメモリーカードが欠かせません。例えば、私の天体写真のワークショップでは、インターバルモードを使って一晩中休むことなく写真を撮ることにしています。FUJIFILM Xシリーズのほとんどのカメラには、インターバル撮影機能が搭載されています。ポストプロダクションでは、何百枚もの写真をタイムラプス動画やスタートレイル画像に変換します。このようにして、私の参加者は夜の間に天の川が昇って沈んでいく様子を撮影することができます。


  • North American Nebula, NGC 7000
    FUJIFILM X-T3 | F2.0 | 15秒 | ISO 4000 | 200mm
    ポストプロダクション。ライトフレーム255枚、ダークフレーム48枚、オフセットバイアスフレーム49枚の合計255枚を使用。総露光時間:1時間3分45秒

  • 2018年8月12日~13日の夜にペルセイド星雲台とのスタートラック記録
    FUJIFILM X-T2 | F2.8 | 10秒 | ISO 10000 | 14mm
    ポストプロダクション。10枚の写真をスタッキング
  • 皆既日食への遠征では、望遠レンズを好んで使用しています。 FUJINON XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRや、FUJINON XF200mmF2.0 R LM OIS WR. The FUJINON XF200mmF2.0 R LM OIS WR は完璧なアストログラフで、私は深天の天体写真を撮るのが好きです。これは太陽系を超えた天体の撮影を含みます。FUJINON XF200mmF2.0 R LM OIS WRを絞り開放F2.0で使用し、赤道儀に載せると、何光年も離れた銀河からの光を集めることもできます。これを実現するためには、カメラを赤道儀に取り付けることで、カメラが星と一緒に動くようにします。このようなトラッキングシステムがなければ、非常に長い露光時間で典型的な星の軌跡を得ることができます。

  • ヘッドランプと三脚

    天体写真撮影には、赤いヘッドランプと三脚が欠かせません。赤い光は、暗闇の中でも瞳孔を大きく開いた状態を保ちます。そのため、天の川や夜空のすべてのニュアンスを観察するのに役立ちます。ヘッドランプのもう一つの利点は、手が自由にカメラを操作できることです。長時間露光も行うので、三脚なしでの天体写真撮影は考えにくいです。もちろん、地面にカメラを置いたり、天体写真用の自動追尾装置に取り付けたり、望遠鏡に取り付けたりする必要がある場合は例外もあります。


  • アンドロメダギャラクシーM31
    FUJIFILM X-T3 | F2.8 | 10秒 | ISO 12800 | 200mm
    ポストプロダクション:ライトフレーム131本、ダークフレーム373本、オフセットフレーム144本の組み合わせ

  • ポラリスの周りの地球自転
    FUJIFILM X-T1 | F4.0 | 30秒 | ISO 6400 | 10mm
    ポストプロダクション。77枚の組み合わせ
  • 天体写真の究極のシステムカメラとしてのXシリーズ

    宇宙は無限であり、それと同じように無限で多様な動機があります。どのような写真撮影でもそうですが、それらを最適に撮影するためには、適切な機材が必要です。天体写真の撮影には、FUJIFILM Xシステムが最適な条件を満たしている。高ISO域でのノイズの挙動が非常に良いということだけでも、FUJIFILMを使う理由になります。天体写真の撮影では、私は通常、高ISO設定で撮影しているからです。私がFUJIFILM Xシステムを愛するもう一つの理由は、伝説的なフィルムシミュレーションです。懐かしいFUJIFILMのスライドフィルムの特性を、FUJIFILM Xシステムのデジタルカメラで再現するアナログカラープロファイルです。FUJIFILM Xシステムカメラの素晴らしい性能が、私の天体写真に反映され、それを物語っていることを願っています。

  • More about Eugen Kamenew:

    Website
    Instagram
    Facebook
    YouTube


  • アッサムシュタット、2018年7月26日に赤の惑星火星が大反発
    FUJIFILM X-T2 | F1.2 | 8秒 | ISO | 56mm