This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

X-T2

センサー

APS-C“X-Trans™*1 CMOS III”

有効画素数

2430万

液晶サイズ

3.0

最高感度

ISO 51200*2

ファームウエア Ver.4.10

今回のファームウエアは、フォーカスブラケット機能追加に加え、シネマレンズ「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」「フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9」への対応や、F-Log SDカード記録に対応する等、日頃より「Xシリーズ」をご使用のお客さまからいただいた、操作性向上や機能追加に関するご要望を反映させたものです。

さらに詳しく »

グラファイトシルバーモデル

FUJIFILM X-T2 グラファイトシルバー エディションは、「X-T2」の特長をそのままに、「FUJIFILM X-T1 グラファイトシルバー エディション」でも好評をいただいた、多層塗装により重厚感と高級感を兼ね備えたモデルです。

さらに詳しく »

写真画質

Xシリーズ史上最高性能を誇る2430万画素「X-Trans™ CMOS III」ローパスフィルターレスAPS-Cセンサー、高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載し、写真・動画共に、優れた色再現、階調再現、高感度・低ノイズの高画質を実現します。

さらに詳しく »

フォーカスシステム

高速演算処理とアルゴリズムの改善によりAF基本性能が大幅に向上。これまで像面位相差AFが苦手としていた点光源、ローコントラスト、鳥の羽や動物の毛並みといった微細なテクスチャーを持つ被写体の捕捉性能も改善しています。
また、FUJIFILM X-T2は、AF-Cカスタム設定を搭載。被写体の動きに合わせて、AFパラメーターのうち「被写体保持特性」、「速度変化追従性」、「ゾーンエリア特性」の3要素を、 それぞれの設定画面から細かくセットすることが可能です。

さらに詳しく »

ビューファインダー

ファインダー倍率0.77倍の大きなファインダーを覗いているときの没入感と、 自然と脇が締まり、体の中心からレンズの先の被写体までが一直線に捉えられることで、あたかも自分とカメラが一体になったかのような感覚で撮影を楽しむことができます。

さらに詳しく »

4K動画撮影

また、 4K映像(3840×2160)に必要な画素数の約1.8倍、フルHD映像(1920×1080)も約2.4倍の情報量を凝縮。モアレやジャギーの少ない高画質を実現しました。

さらに詳しく »

操作性

シャッタースピード、ISO感度、露出補正、ドライブモード、測光モードなど重要な操作はダイヤル式で統一。 電源がOFFの状態でも設定を変更することができ、次の撮影に備えることができます。 誤操作防止の為、シャッタースピード、ISO感度ダイヤルには、ロック&リリースボタンを採用し、ダイヤル自体を高くするなど、従来モデルから操作性の改善を図っています。

さらに詳しく »

縦位置パワーブースターグリップ

ブーストモードでは、複数個のバッテリーが同時に働くようになり、連写性能、撮影間隔、レリーズタイムラグ、ブラックアウト時間などのパフォーマンスが向上します。 また、4K動画の記録時間も約30分に伸びます。

さらに詳しく »

NOTES

*1 X-Transは、富士フイルム(株)の商標または登録商標です。

*2 拡張感度設定

製品名FUJIFILM X-T2
FUJIFILM X-T2 グラファイトシルバー エディション
価格オープン価格
発売日ブラック:平成28年9月8日(木)
グラファイトシルバー:平成29年2月16日(木)
JANコードブラック:45-47410-311914
グラファイトシルバー:45-47410-327021
ニュースリリースFUJIFILM X-T2
FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition
カタログPDFを見る

最近閲覧した製品