This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

X100F

THE ORIGIN

カメラを操り、フレーミングを決め、シャッターを切る。写真を「撮る」という一連の所作を追及してきた。そしてたどり着いた新たな原点、X100F。
富士フイルムのXシリーズだからこそ可能な多彩な表現力を詰め込んだX100シリーズ待望のフルモデルチェンジ機。

センサー

APS-C”X-Trans™ CMOS III”*1

有効画素数

2430万

液晶サイズ

3.0型

最高感度

ISO 51200*2

操作性

シャッタースピードダイヤルにISOダイヤルを内蔵した往年のフィルムカメラを彷彿とさせる「ビルトインISOダイヤル」や、ビューファインダーを覗きながら、フォーカスポイントを瞬時に移動できる「フォーカスレバー」、±5段の露出補正が可能な「C」ポジションなどを追加。 また、撮影に関わる操作はほぼ右手側に集約することで、しっかりとカメラをホールドしたまま素早い設定の変更が可能となりました。

さらに詳しく »

ファインダー

光学ファインダーの画面右下にEVFを小窓化して同時表示する電子式レンジファインダーの倍率切り替えが加 わり、より高い精度でのピント確認が可能に。 また、「リアルタイムパララックス補正」がブライトフレームに加えて、フォーカスエリアにも適用されることで、マニュアルフォーカス時のより確実なフレーミングとピント合わせが可能となりました。

さらに詳しく »

フィルムシミュレーション

フィルムシミュレーション機能に、「ACROS」モードを追加。 「X-Processor Pro」の高い処理能力により、従来のモノクロモードを凌駕する滑らかな階調、引き締まった黒、美しい質感再現でモノクロ写真表現が可能です。

さらに詳しく »

パフォーマンス

独自開発のAPS-C サイズ「X-Trans™ CMOS Ⅲ」センサー(2430万画素、ローパスフィルターレス)を搭載。非周期性の高い独自のカラーフィルター配列により、光学ローパスフィルターなしでモアレや偽色の発生を抑えます。解像感を損なう原因にもなっていたローパスフィルターが不要となることで、フジノンレンズが持つ本来の解像力が最大限に発揮されます。高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」との組み合わせにより、ワンランク上の画素数、サイズを持つセンサーに匹敵する写真画質を実現しています。

さらに詳しく »

機能

“光量が多い環境で開放側の絞りを使っての撮影や、シャッタースピードを遅くするときに有効なNDフィルターをレンズに内蔵。 光量が1/8となる絞り値3段分のNDフィルターを、ファンクションボタンやメニューから簡単に有効にすることができます。 ”

さらに詳しく »

拡張性

FUJIFILM X100Fのレンズ性能を最大限に引き出す光学設計で、F値を変えることなく高画質を実現。 カメラボディはコンバージョンレンズの装着を認識可能となり、光学ファインダーでの撮影時には、ブライトフレームを自動調整して表示します。

さらに詳しく »

NOTES

*1 X-Transは、富士フイルム(株)の商標または登録商標です。

*2 拡張感度設定

製品名 FUJIFILM X100F
価格 ※オープン価格
発売日 2017年2月23日(木)
JANコード シルバー:45-47410-339017
ブラック:45-47410-339031
ニュースリリース ニュースリリースはこちら
カタログ PDFを見る

最近閲覧した製品