This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

2018.11.30 Santiago Escobar-Jaramillo

パーソナルベスト vol.3 | サンティアゴ・エスコバル-ハラミーヨ

Santiago Escobar-Jaramillo

Santiago Escobar-Jaramilloはコロンビア国立大学の写真学でMAを取得、ゴールドスミス·カレッジとロンドン大学で都市文化を専攻した。彼は世界各国で撮影を行っている。展示会への出展は70を超え、数多くの受賞経験を持つ。Villegas Editores, Revista Semana, UNHCRなど様々なクライアントの撮影を行ってきた。各地でワークショップを開催し、書籍も出版している。また、"'COLOMBIA, tierra de luz"というプロジェクトの代表者である。また、"Colectivo de Fotografía +1"の共同設立者であり、"La Hydra"と"Association of Urban Photographers"のメンバーである。

使用機材

カメラ:X-Pro2、X-T1、X-E2、X100S
レンズ:XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS、XF16-55mmF2.8 R LM WR
フラッシュ:EF-X8

プロジェクト

Patria o Muerte(パトリア・ムエルテ 、祖国と死)」は、キューバとベネズエラの社会、経済、文化に関連する政治のあいまいさを反映している。このプロジェクトは、実際の社会主義を象徴するシンボルやメタファーによって構成されています。共産主義の記憶や、 “新しい人間”のキューバ革命のユートピア。それらがベネズエラでどのように複製されているのか、それはまた、資本主義との愛憎関係を示している。彼らの他人への依存。禁欲と孤立に対する何十年もの間の彼らの闘いは、生活、インフラと生活用品とあらゆる側面で貧困と困難をもたらし続けています。また、腐敗、権力と軍事的な絶対主義の使用、言論の自由の欠如、感情を表現する恐れについての見解を提示する。今、指導者フィデル・カストロとウーゴ・チャベスが死亡した後、人々は自問している:次はどうなるだろう?

写真集

私は、ベネズエラとキューバの政治的、社会的、経済的状況を視覚的に物語るために、キューバを8回、ベネズエラを2回訪問しました。私は戦争の悲劇「Patria o Muerte(パトリア・ムエルテ、祖国と死)」がどのように象徴化され写し出されてきたか、ステレオタイプを再考することによって、私の個人的な見解を刻印したかったのです。

La Luminosaによって2019年の初めに出版される写真集 「Patria o Muerte」は、説明書、ノートのような本です。その簡単にページを切り離せるリングノートタイプの写真集を手に持ち、教育、学校、教義とイデオロギーを思い出してください。

編集に約2年間かかりました。写真は、ペアリングに基づいています。キューバとベネズエラ、キューバとキューバ、ベネズエラとベネズエラ。シークエンスは、雰囲気とダークトーンでまとまっています。

本の構成は、5章に分かれています。第一章の革命的なユートピアと希望から始まり、 第二章、日常生活に続きます。第三章で、指導者フィデルとチャベスの死を現し、第四章で、キューバとベネズエラの崩壊と衰退を表します。最終の第五章では、進行形で進む不確実性が表現されています。

連載「パーソナルベスト」をもっと読む

Vol.1 フレミング・ボー・ジェンセン
Vol.2 ピーター・デュープ
Vol.3 サンティアゴ・エスコバル-ハラミーヨ
Vol.4 ステファン・フィンガー
Vol.5 カイザ・クルス・バカーニ