GFX100 ファームウエアの更新

バージョン: 4.00

更新日: 2021.06.30

概要

Notes

ブラウザの表示を更新してから、ダウンロードを行なってください。

  • Windows(Internet Explorer/FireFox/Google Chrome)の場合はCtrlキーを押しながらF5キーを押します。
  • Mac(Safari/Google Chrome)の場合は「Command」キーと「R」キーを同時に押します。
  • Mac(FireFox)の場合は「Command」キー・「Shift」キー・「R」キーの3つを同時に押します。

すでに最新バージョンの場合には、ファームウエアの更新を行う必要はありません。

  • バージョンの確認方法は、下記「ファームウエア更新の詳細手順」の「2. ファームウエアのバージョンを確認します。」をご覧ください。

お使いのカメラボディ、およびレンズは、最新のファームウエアでお使いください。

  • 最新のファームウエアの組み合わせでないと、機能・性能が十分発揮できないことがあります。下記のファームウエア対応表をご覧ください。

ファームウエア

ファームウエア更新内容

Ver.4.00

注意事項
本ファームウエアVer.4.00では、多くの機能追加に伴いメニュー構成の変更やいくつかの機能名称変更等があります。
特に動画設定メニューは設定項目の拡充により大幅な項目変更となるため、GFX100使用説明書 Ver.4.00をホームページからダウンロードして内容をご確認の上、ファームウエアを更新することをお勧めします。

Ver.3.02からVer.4.00への変更内容

オートフォーカス性能が最新モデル「GFX100S」と同等に改善

新たに開発されたオートフォーカスアルゴリズムへ刷新することで、AF速度・顔/瞳検出性能も向上し、動きのあるポートレート撮影でも高い合焦率を誇ります。動体追尾性能も改善され、遠ざかる被写体なども高精度に追従することが可能になりました。

ボディ内・レンズ内手ブレ補正機構の協調制御を実現

ボディ内手ブレ補正機構(BIS)と、レンズ内手ブレ補正機構(OIS)の協調制御が可能になりました。それぞれの加速度・ジャイロセンサーで検出した周波数とブレ量に応じて最適な補正を行うことで、手持ちでも強力にブレを抑制します。これにより、OIS搭載の「GFレンズ」の手ブレ補正機能が強化され、「フジノンレンズ GF120mmF4 R LM OIS WR Macro」・「フジノンレンズ GF45-100mmF4 R LM OIS WR」装着時の手ブレ補正効果が従来から0.5段分向上します。

フィルムシミュレーション「ノスタルジックネガ」を追加

新たにフィルムシミュレーション「ノスタルジックネガ」を追加。本モードは1970年代、カラー表現の可能性を世界に提起し、芸術として定着させた「アメリカンニューカラー」の代表作を想起させる色再現を特徴とします。“柔らかい階調表現”と“高い彩度表現”を同時に実現し、ハイライト部を柔らかくアンバーに描写する一方で、シャドウ部はディテールを残したままノリの良い色味を実現し、叙情的に切り取ることができます。

TTLスローシンクロフラッシュ撮影時のシャッター速度改善

夜景をバックにしたフラッシュ撮影など、比較的長い露光時間が求められる撮影シーンにおいて、露出モードをシャッター速度オートにして (PもしくはA) TTLスローシンクロ撮影を行っても、シャッター速度が1/8秒よりも長くならない問題を修正しました。Pモード時最長4秒、Aモード時最長30秒で撮影いただけるようになります。

その他、様々な機能追加・操作性改善

①「明瞭度」を-5から+5の幅で設定いただけるようになりました。
②「トーンカーブ」のハイライト・シャドウをそれぞれ0.5段刻みで調整いただけるようになりました。
③新たに任意のフォーカスレンジをあらかじめ設定できる「フォーカスリミッター」機能を追加。
    合焦距離は初期設定もしくはご自身で設定したお好みの範囲からお選びいただけます。
④撮影画像の再生時の拡大率を等倍・2倍・4倍・8倍から選択、最後に選択した前回の倍率(中央から)もお選びいただけるようになりました。
⑤「撮影モード」が割り当てられたファンクションボタンを押すだけでPSAMを切り替えられるようになりました。
⑥フロント・リアコマンドダイヤルを操作する回転方向を逆方向にも変更いただけるようになりました。
⑦Qメニューの項目数を静止画・動画それぞれで4・8・12・16から選択いただけるようになりました。
    また、お選びいただく項目もカスタマイズ可能です。
⑧Qボタンをファンクションボタンとして割り当て可能になりました。
⑨電源ONの状態で、SDカードを抜いても電源ONの状態が維持されるようになりました。
⑩動画撮影時に電子式手ブレ補正機能を使用いただけるようになりました。
    手持ちによる動画撮影で生じるブレを補正します。(本モード使用時は1.1倍にクロップされます。)
⑪動画撮影時にもライブビューを拡大できるようになりました。
    また、動画撮影開始時のファーカスチェックを維持する/しないを選べるようになりました。
⑫SDカードに記録した動画をもう一方のスロットのSDカードにバックアップ記録できるようになりました。
⑬動画記録時の撮影経過時間がLCD上で表示・確認できるようになりました。
⑭動画の撮影時にもAFエリアのサイズを変更いただけるようになりました。
⑮Flogで撮影された動画ファイルをBT.709相当に変換した再生が可能になりました。
⑯ATOMOS社製Ninja V HDR モニター・レコーダーにHDMI経由で出力する動画RAWデータに、ホワイトバランスとISOの
   メタデータ情報を追加しました。Apple ProRes RAWフォーマットとして記録され、Final Cut ProでのホワイトバランスとISOの調整が可能となります。

その他軽微な不具合を修正しました。

Ver.3.02

Ver.3.01からVer.3.02への変更内容

ハイライトが多い被写体を撮影すると、稀に長手方向に線状のノイズが記録される問題を修正しました。

Ver.3.01

Ver.3.00からVer.3.01への変更内容

ピクセルシフト撮影時の動作安定性を向上しました。

その他軽微な不具合を修正しました。

Ver.3.00

Ver.2.01からVer.3.00への変更内容

以下の詳細については、GFX100 New Features Guide [Ver.3.00]をホームページからダウンロードしてご確認ください。

ピクセルシフトマルチショット機能を追加

ピクセルシフトマルチショットモードでは、高解像度かつリアルカラー* の画像を入手するために、ボディ内手ブレ補正を利用して、0.5画素単位でシフトした画像を 16枚撮影し、それぞれRAW画像で記録できます。
撮影したRAW画像は専用アプリケーションソフト(FUJIFILM Pixel Shift Combiner)で合成処理を行い、一連の複数のRAWファイルを Digital Negative (DNG) RAW ファイルに合成することができます。
* リアルカラー: イメージセンサーの一つのピクセルには赤、緑、青のうちの1色のカラーフルターが配置されているため、そのピクセルにおける本当の色を検出することが出来ません。そのピクセルに不足している色情報を周辺のピクセルデータから補完する必 要があり、この処理をデモザイク処置と呼びます。ピクセルシフトマルチショット撮影では一つのピクセル位置に対して赤、緑、青の全ての色情報を入手することができるため、デモザイク処理無しに本当の色(リアルカラー)を手に入れることができます。

カメラ内レーティング機能改善

Jpeg + RAWでの記録画像にレーティングをつけるとJpegだけでなくRAWデータにもレーティングが付与されるようになりました。

EF-X500使用時の機能改善

EF-X500をコマンダーとして使用する多灯撮影において、一部のグループが正しく発光しない場合がある不具合を修正しました。EF-X500をコマンダー、EF-60をリモートフラッシュとしてお使いになる場合も、本ファームウエアアップデートを適用してください。

瞳AF性能の向上

瞳AF時に手前の目にピントが合う精度が向上しました。

その他軽微な不具合を修正

Ver.2.01

Ver.2.00からVer.2.01への変更内容

再生時に画像の表示が遅くなる場合がある問題を改善しました。

動画撮影時の軽微な不具合を改善しました。

Ver.2.00

Ver.1.03からVer.2.00への変更内容

以下の詳細については、GFX100 New Features Guide [Ver.2.00]をホームページからダウンロードしてご確認ください。

独自の色再現による卓越した画像技術を拡充

1)フィルムシミュレーションに新たに下記モードを搭載
 ・スナップ写真などで愛用されてきたカラーネガフィルムをもとに画質設計を行った「クラシックネガ」モード
 ・写真フィルムの現像方法「銀残し」を施した表現が可能な「ETERNAブリーチバイパス」モード
2)青空などブルー系の被写体に対して深みのある色再現・階調再現が可能な「カラークロームブルー」を搭載
3)グレイン・エフェクト機能に粒度、強度設定を追加

オートフォーカス性能の改善

1)低照度-5EVの環境下でも高速・高精度な位相差AFを実現。
2)顔・瞳AF性能が改善。複数人を撮影するときの検出精度や安定性が向上し、より快適なポートレート撮影を可能にします。
3)フォーカスブラケティングにオートモードを追加。撮影の始点と終点と撮影間隔を設定すれば、カメラがコマ数とステップを自動で設定してくれます。

USB通信による動画撮影の制御がジンバル・ドローンから可能に

1)「GFX100」と、「GFX100」の本機能に対応したジンバル・ドローンを組み合わせることで、動画撮影の開始・終了、動画撮影の露出条件(シャッタースピード、絞り、ISO感度、露出補正)の設定、マニュアルフォーカスのピント調整が制御可能になりました。(*1)
 Guilin Feiyu Technology Incorporated Company(*2)、Shenzhen Gudsen Technology Co., Ltd.(*3)、SZ DJI Technology Co.,Ltd.(*4)、ZHIYUN(*5)が対応製品の提供を表明しております。

 *1:制御可能な機能はご使用いただくジンバルにより異なります。
 *2:Guilin Feiyu Technology Incorporated Company
 *3:Shenzhen Gudsen Technology Co., Ltd. 
 *4:SZ DJI Technology Co.,Ltd.
 *5:ZHIYUN

その他、お客様のご要望に応えた各種機能の拡充

1)一部のテザー撮影機能に対応したソフトウエアを使用する際に、PC上から静止画撮影の露出条件(シャッタースピード、絞り、ISO感度、露出補正)を設定変更することが可能になりました。
2)「お気に入り」の設定方法が変更になり、カメラ内で付与したレーティング情報を一般的なソフトで見えるようにしました。
3)RAW記録方式の設定に圧縮を追加しました。

ATOMOS社製HDMIフィールドモニター/レコーダー 「NINJA V」(*6)への動画RAWデータ出力が可能に

1)HDMI経由で最大4K/29.97P 12bit (*7)の動画RAWデータ出力が可能となり、ATOMOS社製HDMIフィールドモニター/レコーダー「NINJA V」でApple ProRes RAWとして記録することができます。「NINJA V」の対応ファームウエアはATOMOS社よりリリースされる予定です。
カメラ内現像処理が行われていない動画RAWデータは、露出変更やカラーグレーディングに柔軟に対応することができ、本格的な映像制作に適しています。
また、フィルムシミュレーション/F-Log/ハイブリッドログガンマ(HLG/Hybrid Log Gamma)方式で撮影された映像を同時にカメラ内SDカードに記録することも可能です。

 *6:「Ninja V」以外のレコーダーについては動作保証をしていません。(2020年6月30日時点)
 *7:4K (3840×2160) 29.97P/25P/24P/23.98Pにのみ対応しています。FHDには対応していません。

その他軽微な不具合を修正しました。

Ver.1.03

Ver.1.02からVer.1.03への変更内容

GFX100に付属の交換式ファインダーEVF‐GFX2の画質に関する軽微なバグを修正しました。

Ver.1.02

Ver.1.01からVer.1.02への変更内容

使用説明書の記載と齟齬がありましたDISP/BACKボタン操作での情報表示切り替えでファインダー(EVF)の情報表示OFFの設定を可能にしました。

インターバル撮影において2枚目以降の撮影で設定した露出モード(P/A/S/M)が変更されてしまう現象を改善しました。

ISO感度100以下、長時間撮影(50分以上)、長秒時ノイズ低減OFFの設定でRAW撮影を行うと対応したアプリケーションソフトで現像した際に画面が黒くなる現象を改善しました。

その他軽微な不具合を改善しました。

Ver.1.01

Ver.1.00からVer.1.01への変更内容

USBを使った外部電源接続時の動作安定性を向上させました。

ファームウエア更新手順

  1. ファームウエアのバージョンを確認する。
  2. フォーマット済みのメモリーカードを用意する。
  3. ファームウエアをダウンロードしてメモリーカードに保存する。
  4. ファームウエアが記録されたメモリーカードをカメラに入れてファームウエアの更新作業をする。
ファームウエア更新の詳細手順

ご注意

ファームウエアの更新に失敗すると、カメラが正常に動作しなくなる場合があります。以下の点を必ず守ってください。

  • ファームウエアの更新作業には、十分に充電したバッテリーをご使用ください。万一、ファームウエア書き換え中にカメラの電源が切れると、カメラが動作できない状態に陥ります。
  • ご使用のファームウエアが古いバージョンの場合でも直接最新バージョンにアップデートが行えます。
  • ファームウエアの更新時間は、ファームウエアの容量によって変わります。約90秒が目安です。更新中は、絶対に電源を切ったり、カメラを操作したりしないでください。
  • ファームウエア更新後は、更新前のバージョンには戻すことができません。
  • ファームウエアの更新中にエラーメッセージが表示された場合は、下記をご覧ください。

エラーメッセージと対応方法

ダウンロード

使用許諾契約書

下記はお客さまが「ファームウエア更新ファイルのダウンロード」をしていただく際にご同意いただきたい事項です。この内容を十分ご理解いただき、「ファームウエア更新ファイルのダウンロード」をされる場合は、下の[同意する]をチェックしてください。 この内容に同意いただけない場合は、下の[同意しない]をクリックしてください。この場合は、当社サービスステーションにてファームウエアの更新を実施させていただきます。

ファームウエア更新サービス

1. ライセンス

本ソフトウエアの著作権は富士フイルム株式会社(以下富士フイルムといいます)に帰属します。

2. 制限事項

本ソフトウエアのユーザーは、本ソフトウエアの全部または一部を修正、改変、リバースエンジニア、 逆コンパイルまたは逆アセンブルなどをすることはできません。

3. 免責事項

富士フイルムは、本ソフトウエアの使用に付随または関連して生じる直接的または間接的な損失、損害などについて、いかなる場合においても一切の責任を負いません。

注意事項

本ソフトウエアの仕様は、将来予告なしに変更することがありますのでご了承ください。

ダウンロードファイル名: GXUP0003.DAT

ご注意

  • ダウンロード先に同名のファイルが無いことをご確認ください。同名のファイルがあると、ご使用のブラウザによっては、ファイル名称の末尾に“(1)”などの枝番が付く場合があります。枝番の付いたファイル名称でファームウエアの更新を行うとカメラが正しく認識できません。

ファームウエア対応表

  • お使いのカメラボディ、およびレンズは最新のファームウエアでお使いください。最新のファームウエアの組み合わせでないと、機能・性能が十分発揮できないことがあります。下記のファームウエア対応表をご覧ください。
カメラレンズ