This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

2020.09.05 Giulio Meliani

XF50mmF1.0 R WR: One Story, One Creator, One Aperture

ジュリオ・メリアーニ

Giulio Melianiはブラジル生まれのプロの写真家、ビデオグラファーで、カリフォルニア州ロサンゼルスでコマーシャル、ミュージックビデオ、ドキュメンタリー短編映画を制作している。

LAを拠点に活動するクリエーター、ジュリオ・メリアーニは、FUJINON XF50mmF1.0 R WRを手にし、その性能に感銘を受け、普通の機材テストだけではなく、それ以上のことをしたいと考えました。

“富士フイルムから新しいXF50mmF1.0 R WRレンズを使ったプロジェクトに誘われたときは、とても興奮しました“とジュリオは振り返る。”いつものように、彼らは私に完全な創造の自由を与えてくれました。

ジュリオは、このレンズの特徴を強調したショートビデオのコンセプトをまとめることに取り掛かった。彼は、このレンズが提供するF1.0という絞りに特に興奮していたので、これをテーマにすることにしました。”F1.0という数値が非常に魅力的でしたので、それを中心にコンセプトを練り始めました“と彼は振り返ります。”ひとつの被写体を、ひとつの光源、ひとつのカメラ、ひとつのレンズ、ひとつの絞り(当然F1.0)で、すべて自分一人で撮影したらどうだろう?”

そうすれば、XF50mmF1.0の優れた低照度性能、コンパクトで軽量なサイズ感、便利な焦点距離、150°の正確なフォーカスリング回転を最大限に活かすことができるだろう。

彼は、LAを拠点に活動する盲目の画家、テレーズ・ヴァーナーに焦点を当てた作品を制作しました。彼女の物語はジュリオにとって、彼自身の創作プロセスと共鳴しただけでなく、クリエーターがなぜ創作を続けるのかという根本的な理由にも通じるものだったからです。

“このショートフィルムをアートへのオマージュとして見てほしい。写真家は光の重要性を重視しています。それだけでなく、光を神のように崇拝している。それは何も悪いことではないのですが、もしも、光というものを排除したらどうなるでしょうか。シンプルで明快なアートが完成することを願っています。”

ジュリオは、レンズがメッセージを伝える上で非常に重要な役割を果たしていることを理解しています。”レンズはイメージの感触を伝えます。レンズは、監督やディレクターが視聴者に伝えたいムードを表現するのに役立ちます“と彼は説明します。

彼は、彼にとってユニークな外観は非常に重要であり、さまざまなアイデアに適した外観と感触を提供できるレンズの種類を持つことが不可欠であると説明します。”XF50mmF1.0はこのプロファイルにぴったりです“と彼は続けます。”私にとって待望のレンズです。このレンズを使ってポートレートを撮るのが待ち遠しいです。“

絞り開放でも、驚くほどシャープな描写が得られたと言います。

Artist: Therese Verner

XF50mmF1.0の美しい描写力に加えて、その小型で軽量なデザインにも惹かれたという。”このレンズを見て最初に考えたのは、この開放値を考えれば非常にコンパクトだということでした“と彼は明かします。彼の所有する既存の機材と組み合わせることで絶好の創作ツールになると確信しました。

“FUJIFILM X-T4の素晴らしいIBISと組み合わせれば、非常にユニークでコンパクトなセットアップになります。XF50mmF1.0は、ポートレートや低照度の状況に最適な、非常にユニークな外観を持つ優れたコンパクトレンズだと思います。このレンズは、結婚式やエディトリアルフォトグラファーにとって素晴らしい資産になるだろう。“

ジュリオの作品のメイキング映像はこちら。

Header Image © Giulio Meliani
All artwork included in this content is under the copyright of Therese Verner.