This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

2020.09.05 Caroline Tran

XF50mmF1.0 R WR: Caroline Tran Feels the Love

カロライン・トラン

キャロライン・トランは、カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点とするウェディング&ライフスタイル・ポートレート・フォトグラファー。

カロライン・トランは、FUJINON XF50mmF1.0 R WR中望遠単焦点レンズを使用して、エンゲージメントの愛、情熱、ロマンスを守り続けています。

“私は物語を語ることが大好きなのです”と商業写真家でポートレート写真家のカロライン・トランは説明します。”エンゲージメント・セッションでは、二人の人生の過渡期の節目を記録することができます“と彼女は続けます。”二人の親密な物語を知り、それを記録するのが大好きなのです。”

彼女のポートレート作品がこれらの物語を正しく表現できるようにするために、カロラインはレンズを選ぶときに特に2つのことを重視しています:ボケの質と肌のトーンの描写です。そのため、FUJINON XF50mmF1.0 R WRを試す機会を得たとき、彼女はこのレンズがどういった価値を提供してくれるのか、とても楽しみにしていました。絞り開放F1.0の大口径、ポートレート撮影に適した76mm相当の焦点距離、そして定評のある富士フイルムの色再現性との組み合わせは、まさに理想的なセットアップだった。

“美しいボケと肌の色調は、アナログフィルムを撮影してきた私の作品の特徴であり、デジタル作品でもこれらの品質を維持することが私にとってとても重要です“とカロラインは説明する。

© Caroline Tran | FUJIFILM X-T4 & XF50mmF1.0 R WR, 1/4000 sec at F1.0, ISO 160

理想的な特徴がたくさんあるので、カロラインはXF50mmF1.0をポートレート、特にエンゲージメントセッションのために使いたいと思っていました。”浅い被写界深度で驚くほど良く写るものを撮りたいと思っていました。F1.0の絞りを使って、ロマンティックで夢のような写真を撮りたかったのです“と彼女は説明します。

絞り開放であれば、夢のような写真を撮るのは簡単ですが、このレンズのメリットはそれだけではありませんでした。太陽が低くなってくると、光が直接レンズに入ってくるので、新たな難しさが出てきます。正しい効果を得るために、キャロラインは、この課題に耐えうるツールを必要としていました。”私はフレア効果が欲しかったのです。XF50mmF1.0は、それをうまく処理してくれました。“

  •      

    © Caroline Tran | FUJIFILM X-T4 camera and XF50mmF1.0 R WR lens, 1/2000 sec at F1.0, ISO 160

  •      

    © Caroline Tran | FUJIFILM X-T4 camera and XF50mmF1.0 R WR lens, 1/2000 sec at F1.0, ISO 160.

光が変化し続ける中で、カロラインは、レンズにそれ自体が入ってきたことがわかりました。彼女は、レンズのAFがいかに速いかを強調し、太陽が沈んだ後に撮影を続けたいときに、それが大きな助けとなりました。

一方で、カロラインにとってポートレート写真には、画質やレンズの性能だけではありません。そのプロセスの大きな部分は、被写体との関係を築くことです。”エンゲージメント・セッションで最も重要なステップは、カップルを快適にして信頼を得ることです“と彼女は明かします。”それが、本物の深いストーリーを展開する唯一の方法です。”

そのために欠かせないのが、目の前のカップルとのアイコンタクトと関係構築です。XF50mmF1.0の使いやすい絞りリングとFUJIFILMの外部ダイヤルを使えば、カメラの電源が入っていても入っていなくても設定を確認できるので、画面を見ている時間を減らし、強い信頼関係を築くための時間を増やすことができます。

© Caroline Tran | FUJIFILM X-T4 camera and XF50mmF1.0 R WR lens, 1/8000 sec at F1.0, ISO 160

このレンズのすべてが、カロラインの新たなお気に入りになりました。”これは今では私のポートレートレンズの定番。私の機材の定番です。”また、“商品、風景、美術、フィルム撮影者や浅い被写界深度が好きな写真家にも最適です“と彼女は続け、この中で中望遠単焦点レンズはFUJIFILM Xシリーズに加えて素晴らしいレンズだと結論づけている。

“ラージフォーマットカメラを買う余裕がない、あるいは必要のないポートレート写真家には最適なレンズです。驚くほどのボケ味が出る。私はFUJIFILMが表現する色が大好きです。このシステムはとても直感的に使えて、私が慣れ親しんだアナログフィルムの心を持っています。”

カロラインの作品のメイキング動画はこちら