This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

2020.10.15 Wladimir Simitch

#SOOC: Wladimir Simitch x X-S10

Wladimir Simitch

パリを拠点に活動している作家であり写真家。法律と映画を学んだ後、映画制作の仕事をしていたが、最初の愛である絵画や彫刻に原点回帰。その後、写真を発見し、写真が表す空間、光、本能、そして人間関係に魅了される。彼は感覚的で社会学的な探求のためのツールとして写真を扱っている。2010年からは、現代における人間の知覚と場所をテーマにした様々なドキュメンタリー作品を制作している。同時に、フランスの重要な企業のために、いくつかの機関的な作品、レポート、ポートレートを制作してきた。

The X-S10 and I

X-S10を使って、ヒップホップとブレイクダンサーのカップルを撮影する機会がありました。この小さな宝石(X-S10)は、この冒険において重要な財産となりました。

画質から始めましょう。富士フイルムは、JPEGの設定を幅広く提供しています。写真家として、いくつかのFilm Simulationを選択して最終的な描写を調整することができますが、ディテールレベル、彩度、シャープネス、グレイン、ハイライトとシャドウのトーン、その他多くの設定を行うことができます。EVFでは、写真の仕上がりをプレビューすることができます。JPEGの品質は驚くべきもので、ポストプロダクションなしで簡単に作品が完成します。私はアスペクト比16:9、Classic Neg. Film Simulation、彩度を少し下げてシャープネスを上げ、オートホワイトバランスを信頼して使用しました。

バリアングル液晶を搭載しているので、例えばローアングル撮影をする場合に地面に伏せながら撮影することも、ブラインド撮影することもなく撮影できます。この画面と顔検出、連写撮影、連続オートフォーカスを組み合わせることで、目立たないようにストリートフォトを撮影したり、ヒップホップダンサーを撮影したりと、非常に強力な連携を実現しています。高速連写は1秒間に30フレームを撮影することができます。それは信じられないほどです。ショートカットがあるので、ボタンを押すだけで、このモードに直接アクセスできるだけでなく、多くのブラケット(ISO感度、Film Simulation、ホワイトバランス…)、HDRモードなどの他の機能にもアクセスできます。デジタル一眼レフと比較したもう一つの利点は、電子シャッターは、バースト撮影時でさえも完全に無音であることです。デジタル一眼レフの機械的なシャッター音に慣れていると、ほとんど信じられないレベルです。

私は8年間、大きなデジタル一眼レフカメラで写真を撮り続けていることに悩まされてきました。その一方で、私は一眼レフカメラでの撮影に慣れてしまったのです。この新しいカメラはちょうどいいタイミングで登場しました。実際、X-S10のメインダイヤルでは、私が慣れ親しんだ同じモードにアクセスできます。ワンクリックで、スピード、絞り優先AE、プログラムAE、マニュアル露出、そして個人で設定できる4つのカスタムモードにアクセスできます。とても便利で、すぐに仕事ができるようになりました。場合によって私は写真取材を行うこともあれば、主要な政治指導者を追いかけることもあるので、素早く反応しなければなりません。私は最低でも2~3種類のカスタム設定を保存しています。X-S10ではそれが可能なだけでなく、インターフェイスのカスタマイズの幅が広いのです!

ダンサーのJulietteとKamilをこのカメラで撮影していて、驚くような開放感を感じました。X-S10は羽のように軽いのに、フィールドでは本当に快適です。もう10kgの機材を背負って腰を痛めるのはやめて、これからはレンズの光学性能やカメラの性能に妥協することなく、より軽いカメラとレンズで旅をしようと思っています。X-S10と、富士フイルムのXマウントレンズの豊富なラインナップ、そしてEF-60のフラッシュユニットが、私を快適にさせてくれます。これらは写真機材に期待する性能と軽量さを見事に実現しています。

人間工学に基づいてよく設計されています。グリップは扱いやすく、右手の親指用の小さなパッドは安定感があります。手は自然と定位置を見つけ、指はすべてのショートカットボタンに簡単に触れることができます。私は撮影中にそれらを何度も使いました。また、4つのダイヤルがあり、自分のニーズに合わせて設定できます。デザインは富士フイルムらしいラインが入ったシンプルなもの。USB-Cポートを搭載しているので、パソコンに写真をダウンロードしたり、バッテリーを充電したりすることができます。また、HDMI、Wi-Fi、Bluetoothもあります。これらすべてが非常に便利で、カメラの使い方を何通りも提案してくれます。

私は、デジタル一眼レフシステムを使いながらもミラーレスに切り替えたいと思っている写真家にX-S10をお勧めしたいと思います。デジタル一眼レフカメラの一般的なレイアウト、設定、モード、インターフェイスを忠実に再現しています。したがって、基本的に仕事の習慣を維持しながらもコンパクトで性能も良く安価なギアから恩恵を受けることができます。