2021.10.13 Brandon Ruffin

新たな自由

Brandon Ruffin

ブランドン・ラフィンは、カリフォルニア州オークランドを拠点に活動する写真家、映像作家、ライターです。15年以上前に写真に魅せられたブランドンは、ポートレートやフォトジャーナリズムの世界で、日常の人々の物語を伝えています。ブランドンは、Rolling Stone、New York Times、SF Chronicleなどの出版物に寄稿しています。

究極の携帯性、手頃な価格、そしてパワーを兼ね備えたGFX50S IIで、ストリートのスペシャリスト、ブランドン・ラフィン氏は新たな自由を手に入れました。

カメラを使い光で絵を描くことができるようになる前は、歴史的に見ても壁に絵を描いていたと言われています。ストリート写真のスペシャリストであるブランドン・ラフィンもそうでした。
「私のストリート写真の多くは、ヒップホップへの愛に触発されたものです」と彼は説明します。
「しかし、私の芸術的な生い立ちの大部分はストリートグラフィックでした。子供の頃はペイントクルーに所属していましたが、今でこそ文化的に受け入れられているものの、当時の人々はストリートグラフィックのために喧嘩をしたり、時には刑務所に入る騒動にも繋がることもありました。私にとってストリートグラフィックとは、人々を驚かせたり、感動させたり、教育したりできるような方法で自分自身を創造し、表現する自由を意味していましたが、それは写真でも同じです。」

「ストリートグラフィックでも写真でも、自分の作品を世に出すだけでなく、それをどこで、どのように作ったかということも重要です」とブランドンは続けます。「その組み合わせは、人々の足を止め、『その構図はどうやって作ったのですか』『そのシーンはどこで見つけたのですか』と聞かれるチャンスを与えてくれます。ストリートフォトでは、街中で何時間も待って観察し、すべての要素が揃ったときにチャンスを掴むことです。そのためには、機敏に反応することが必要であり、カメラも同様です。」

  • Man standing at diner counter in dark shadows
  • Barber shop with rays of light from window

Photos 2021 © Brandon Ruffin | FUJIFILM GFX50S II camera and GF35-70mmF4.5-5.6 WR, 1/500 sec at F5.2, ISO 2500 | FUJIFILM GFX50S II camera and GF35-70mmF4.5-5.6 WR, 1/400 sec at F5.6, ISO 500

「その組み合わせを最初に見つけたのは、富士フイルムのXシリーズでした 」と語ります。
「そして、GFX100S。しかし、新しいGFX50S IIとGF35-70mmF4.5-5.6 WRでは、ストリート写真における自由とクオリティーの創造力を、まったく新しい境地へと導いてくれたと思います。今でもGFX100Sを愛用していますが、このカメラの究極の解像度は、非常に慎重なツールとして使う傾向があることを意味しています。51.4メガピクセルのGFX50S IIは、依然として大量のディテールを生み出しますが、1日に多くの画像を撮影する私のストリート写真にとって、ファイルは軽くより扱いやすくなります。GFX50S IIは、より日常的な選択肢でありながら、富士フイルムの大判センサーの利点をすべて享受できるものです。」

GFX50S IIは、解像度は異なりますが、兄弟機のGFX100Sと同様に優れた色再現性とダイナミックレンジを備えています。ブランドンは、この新しいカメラを使って、ハイコントラストな照明を中心としたプロジェクトを立ち上げた際に、GFXの利点を大いに活用しました。
「強い光がシーンを切り裂くような構図を意図的に作りました」と彼は言います。
「被写体をシルエットにしたり、影で孤立させたり。通常のカメラであれば、このような状況でもハイライトやシャドーのディテールをすべて描ききることができるか心配になりますが、GFXのセンサーではその心配はありませんでした。期待通りの性能を発揮してくれます。」

ブランドンは、GFX50S IIのフィルムシミュレーションモードを利用して、カラー写真とモノクロ写真の間に一貫したテーマを設定していますが、これは彼自身の目的に合わせたものです。
「ストリート写真には、人それぞれのスパイスがありますが、僕はクラシッククロームのようなフィルムシミュレーションを使って、時代を超えた雰囲気を出すのが好きです。カメラから取り出したばかりのJPEGファイルは、とても印象的で適応性があります」と彼は続けます。「多くの写真家がそうであるように、私もRAW処理を念頭に置いて仕事をすることが多いのですが、ツールやテクニックのことをあまり考えずに、シンプルに創造することができるようになりました」。

Photo 2021 © Brandon Ruffin | FUJIFILM GFX50S II camera and GF35-70mmF4.5-5.6 WR, 1/800 sec at F5.6, ISO 125

その自由度の高さは、GFX50S IIのサイズ、重量、操作性にも起因しています。
「GFX100Sと同じように、非常にレスポンスが良いです。また、操作性やレイアウトも直感的で、小型のデジタル一眼レフカメラのようなフォルムでありながら、EVFを搭載しているので、露光中に何が起こっているのかを正確に把握することができます。そのため、撮影に没頭することができます」と述べています。

ラージフォーマットカメラは動作が遅いという歴史的評価がありますが、ブランドン氏はGFX50S IIがその傾向を覆したと言います。「GFX50S IIは、私が必要とするスピードをすべて備えていました。速いAFと、ボディ内手ブレ補正の利点もすべて備えています。コントラストAFは、GFX100Sのハイブリッドシステムほど速くはありませんが、カメラの新しいプロセッサーによって、前モデルよりも大幅に高速化されています。もちろん、ポートレート撮影に欠かせない顔/目検出AFも搭載しています。手ぶれ補正機能は、非常に遅いシャッタースピードでの撮影時にのみ使用されるものと思われがちですが、私にとっては1/200秒でも1/500秒でも同様に重要な機能です。

  • Woman in corner of shadowy diner next to USA flag
  • Silhouette of man standing at the end of a shadowy alleyway
  • Restaurant table in dark shadows and rays of light

Photos 2021 © Brandon Ruffin | FUJIFILM GFX50S II camera and GF35-70mmF4.5-5.6 WR, 1/640 sec at F5.0, ISO 800 | FUJIFILM GFX50S II camera and GF35-70mmF4.5-5.6 WR, 1/500 sec at F5.6, ISO 400 | FUJIFILM GFX50S II camera and GF35-70mmF4.5-5.6 WR, 1/500 sec at F5.6, ISO 250

新製品のGF35-70mmF4.5-5.6 WRとGFX50S IIを使うことで、ブランドン氏はストリート写真を始めたばかりの頃に戻ったような気分になりました。
「私が写真を始めた頃は、24-70mmのズームをよく使っていましたが、この新しいモデルは、28-55mm相当の汎用性を持ちながら、単焦点レンズのような非常にコンパクトなパッケージになっています。ボディと同じように、とても扱いやすいので、ストリートフォトには最適です。珍道式なので、大きな機材を持って歩いているような気がせず、馴染みやすいです。」

「ストリート撮影では、常にレンズを交換しているわけではありません。レンズ交換をしていると、撮影が遅くなったり、その場にいられなくなったりします。それに対して、GF35-70mmF4.5-5.6 WRレンジは、反応を早くしてくれるだけでなく、記録するストーリーに質感を与えてくれました。また、物理的に被写体に近づくことができず、もっと手を伸ばしたい場合は、レンズの品質とセンサーの解像度のおかげで、少しトリミングするだけでシーンの中にさらに押し込むことができました。そのようなことを何度か行いましたが、非常にシャープで、鮮明で、詳細な画像を得ることができました。」

GFX50S IIでの撮影を総括すると、ブランドン氏がこの新しいカメラに創作意欲を感じているのは明らかです。
「GFX50S IIで撮影した写真のほとんどは、ロサンゼルスとオークランド周辺で撮影しています。GFX50S IIは、他のクラシックなストリートカメラと同様に、小さくて軽くてパワフルなカメラであり、撮影者を妨げません。なぜなら、ストリートでポートレート、もしくは風景をありのままに撮る場合、必要なのは歩き回ってそこにあるものを見ることだからです。そうすればするほど、美しいものに出会える可能性が高くなるのです。」

ストリートのスペシャリストであるブランドン・ラフィン氏は、GFX50S IIとGF35-70mmF4.5-5.6 WRのポータブルでパワフルな組み合わせにより、新たな自由を見つけました。