This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

2020.11.16

「macOS 11.0.1(Big Sur)」搭載パソコンと 当社アプリケーションソフトウエアの対応について

2020年11月16日
富士フイルム株式会社

 平素は富士フイルム製品をご愛顧賜りまして厚くお礼申し上げます。
 このたび、Apple社よりリリースされました「macOS 11.0.1(Big Sur)」を搭載したパソコンと、当社アプリケーションソフトウエアとの動作確認を行った結果、以下のアプリケーションソフトにおきましては、下表に記載した症状が確認されました。

 この問題に対し、アプリケーションソフトウエアの修正を行い、順次提供を予定しています。
 つきましては、「macOS 11.0.1(Big Sur」へのアップデートを予定されている方は、上記の修正までは以下アプリケーションソフトをご利用の場合、下記の症状があることを予めご承知おきください。
 お客さまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解いいただきますようお願いいたします。

【対象アプリケーションソフト】
 ・FUJIFILM X RAW STUDIOインストールソフトウエア (Mac:Ver.1.11.0以下)
 ・FUJIFILM X Acquireインストールソフトウエア (Mac:Ver.1.16.0以下)
 ・FUJIFILM X Webcamインストールソフトウエア (Mac:Ver.2.0以下)
 ・Adobe® Photoshop® Lightroom® Classic CC / 6 用GFXカメラ専用テザー撮影プラグイン
   ”FUJIFILM Tether Plugin PRO for GFX” (Mac:Ver. 1.17.0.4以下)
 ・Tether Shooting Plug-in PRO for Adobe® Photoshop® Lightroom® (Mac:Ver. 1.16.0.9以下) (*1)
 ・Tether Shooting Plug-in for Adobe® Photoshop®Lightroom® (Mac:Ver. 1.16.0.9以下) (*1)
 ・Tether Shooting Plug-in PRO for GFX (Mac:Ver. 1.16.0.9以下)  (*1)
  *1 Adobeサイトより購入するソフトウエアです。

【「macOS 11.0.1(Big Sur)」搭載のPC環境下で発生する症状】
 上記のアプリケーションソフトを起動した場合、カメラを認識しない場合があります。
 また、正常に接続後もカメラがオートパワーオフしたときにカメラの電源を入れ直してもカメラを認識しない場合があります。

【暫定処置】
 ・PCとカメラの接続を行ってからアプリケーションソフトを起動してください。
 ・カメラがオートパワーオフしたときはカメラの電源を入れ直してからアプリケーションソフトを再起動してください。
 ・ご使用中に頻繁にオートパワーオフする場合は、カメラのオートパワーオフをOFFにしてご使用ください。