This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

Adobe® Photoshop® Lightroom® Classic CC / 6 用 GFXカメラ専用テザー撮影プラグイン””FUJIFILM Tether Plugin PRO for GFX””

Windowsバージョン: 1.16.0

更新日: 2020.04.16

Macバージョン: 1.16.0

更新日: 2020.04.16

概要

本ソフトウエアは、GFXシリーズのカメラボディとコンピューターを接続し、Adobe® Photoshop® Lightroom®でテザー撮影するためのAdobe® Photoshop® Lightroom®専用プラグインソフトウエアです。 本ソフトウエアをご使用いただくためには、別途Adobe® Photoshop® Lightroom® Classic CC/6をご購入いただく必要があります。

対応情報

カメラ

  • FUJIFILM GFX100 : Ver.1.00以上
  • FUJIFILM GFX 50S : Ver.1.00以上 (USB接続) / Ver. 1.10以上 (Wi-Fi接続)
  • FUJIFILM GFX 50R : Ver.1.00以上

OS

  • 対応OSはご使用のAdobe® Photoshop® Lightroom®各バージョンの対応OSに準じます。

Notes

ブラウザの表示を更新してから、ダウンロードを行なってください。

  • Windows(Internet Explorer/FireFox/Google Chrome)の場合はCtrlキーを押しながらF5キーを押します。
  • Mac(Safari/Google Chrome)の場合は「Command」キーと「R」キーを同時に押します。
  • Mac(FireFox)の場合は「Command」キー・「Shift」キー・「R」キーの3つを同時に押します。
  • Windows
  • Mac

ソフトウエアの変更内容

Ver.1.16.0

Ver.1.15.0.10からVer.1.16.0への変更内容

RAW記録方式をアプリケーションから設定できるようになりました。

ダイナミックレンジをアプリケーションから設定できるようになりました。

Windows (64bit)のアプリケーションソフトウエアとなりました。

Ver.1.15.0.10

Ver.1.15.0からVer.1.15.0.10への変更内容

OSのログインアカウント名により、ご使用になれない場合がある現象を修正しました。

Ver.1.15.0

Ver.1.14.0からVer.1.15.0への変更内容

軽微な不具合を修正しました。

Ver.1.14.0

Ver.1.12.0からVer.1.14.0への変更内容

FUJIFILM GFX100の接続に対応しました。

機能追加、操作性改善

  • ズームイン、ズームアウト、ハンドツールボタンを追加しました
  • ショートカットキーによる操作が可能になりました。
  • フォーカスプリセット機能を追加しました。

Ver.1.12.0

Ver.1.9.0からVer.1.12.0への変更内容

FUJIFILM GFX 50Rの接続に対応しました。

ソフトウエアで指定した画像転送タイプにかかわらず、JPG+RAWの両画像が転送されてしまう現象を修正しました。

ソフトウエアで指定した転送画像タイプ(JPEGもしくはRAW)が、カメラの撮影メニューの画質モードで選択されていない場合に、案内メッセージを表示するようにしました。

例)ソフトウエアで「JPEG」のみの転送を指定しているにもかかわらず、カメラの撮影メニューの画質モードが「RAW」で選択されている場合、「画像が転送されません。カメラの画質モード設定を確認して下さい」が表示される。

Ver.1.9.0

Ver.1.8.0からVer.1.9.0への変更内容

FUJIFILM GFX 50Sの「フォルダー選択・フォルダー作成」に対応しました。

GFX 50S(Ver.3.20以降)のカメラを接続すると、PCモードからでも記録フォルダーを別のフォルダーに切り換えたり、5桁のフォルダー名を入力してフォルダーを新規作成し、次に撮影する画像をそのフォルダーに保存することができます。  接続するカメラのファームウエアは、GFX 50S(Ver.3.20)より対応しています。対応以前の場合はファームウエアの更新を行ってください。

GFX 50Sファームウエアアップデート

Ver.1.8.0

Ver.1.7.0からVer.1.8.0への変更内容

FUJIFILM GFX 50Sの「35mmフォーマットモード」に対応しました。

インストール手順

  1. 本ページからexeファイルをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックすると、セットアップが起動します。画面の指示に従ってインストールを実施してください。
  3. インストールが終了したら「完了」ボタンをクリックしてください。

ダウンロード

使用許諾契約書

本ソフトウエアをご使用になる前に、下記の条件をよくお読みください。ダウンロードを開始された時点で、下記使用条件に同意されたものとさせていただきます。 本ソフトウエアの再配布はできません。ダウンロードされた方が所有または管理するパソコンに限り使用できます。

1. 制限事項

本ソフトウエアのユーザーは、本ソフトウエアの全部または一部を修正、改変、リバースエンジニア、 逆コンパイルまたは逆アセンブルなどをすることはできません。

2. 免責事項

富士フイルムは、本ソフトウエアの使用に付随または関連して生じる直接的または間接的な損失、損害などについて、いかなる場合においても一切の責任を負いません。

ダウンロードファイル名: FUJIFILMTetherShootingPluginPROforGFXWin1160.exe
  • Windows
  • Mac

ソフトウエアの変更内容

Ver.1.16.0

Ver.1.15.2からVer.1.16.0への変更内容

RAW記録方式をアプリケーションから設定できるようになりました。

ダイナミックレンジをアプリケーションから設定できるようになりました。

Ver.1.15.2

Ver.1.15.0.10からVer.1.15.2への変更内容

macOS 10.15に対応しました。

macOS10.15.2上ではカメラとMacの通信が不安定になり、一部の機能が正しく動作しない場合がありますので、macOSを10.15.3以降にアップデートしてご使用ください。

Ver.1.15.0.10

Ver.1.15.0からVer.1.15.0.10への変更内容

macOS 10.15 (Catalina)に対応しました。

Ver.1.15.0にて、カメラをRAW+JPEG設定にして撮影すると画像転送できない不具合を修正しました。

※上記2は、2019/11/14に公開したVer.1.15.0において不具合が確認されたため、2019/11/22にVer.1.14.0を再公開しました。この度、Ver.1.15.0.10で不具合を修正したので改めてインストールをお願いいたします。

Ver.1.14.0

Ver.1.13.0からVer.1.14.0への変更内容

FUJIFILM GFX100の接続に対応しました。

機能追加、操作性改善

  • ズームイン、ズームアウト、ハンドツールボタンを追加しました
  • ショートカットキーによる操作が可能になりました。
  • フォーカスプリセット機能を追加しました。

Ver.1.13.0

Ver.1.12.0からVer.1.13.0への変更内容

FUJIFILM GFX 50Rの接続に対応しました。

macOS Mojaveに対応しました。

macOS MojaveのPCをお使いの方はVer.1.13.0をインストールしてご使用ください。

Ver.1.12.0

Ver.1.9.0からVer.1.12.0への変更内容

ソフトウエアで指定した画像転送タイプにかかわらず、JPG+RAWの両画像が転送されてしまう現象を修正しました。

ソフトウエアで指定した転送画像タイプ(JPEGもしくはRAW)が、カメラの撮影メニューの画質モードで選択されていない場合に、案内メッセージを表示するようにしました。

例)ソフトウエアで「JPEG」のみの転送を指定しているにもかかわらず、カメラの撮影メニューの画質モードが「RAW」で選択されている場合、「画像が転送されません。カメラの画質モード設定を確認して下さい」が表示される。

Ver.1.9.0

Ver.1.8.0からVer.1.9.0への変更内容

FUJIFILM GFX 50Sの「フォルダー選択・フォルダー作成」に対応しました。

GFX 50S(Ver.3.20以降)のカメラを接続すると、PCモードからでも記録フォルダーを別のフォルダーに切り換えたり、5桁のフォルダー名を入力してフォルダーを新規作成し、次に撮影する画像をそのフォルダーに保存することができます。 接続するカメラのファームウエアは、GFX 50S(Ver.3.20)より対応しています。対応以前の場合はファームウエアの更新を行ってください。

GFX 50Sファームウエアアップデート

Ver.1.8.0

Ver.1.7.0からVer.1.8.0への変更内容

FUJIFILM GFX 50Sの「35mmフォーマットモード」に対応しました。

インストール手順

  1. 本ページからpkgファイルをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたpkgファイルをダブルクリックします。画面の指示に従ってインストールを実施してください。
  3. インストールが終了したら「完了」ボタンをクリックしてください。

ダウンロード

使用許諾契約書

本ソフトウエアをご使用になる前に、下記の条件をよくお読みください。ダウンロードを開始された時点で、下記使用条件に同意されたものとさせていただきます。 本ソフトウエアの再配布はできません。ダウンロードされた方が所有または管理するパソコンに限り使用できます。

1. 制限事項

本ソフトウエアのユーザーは、本ソフトウエアの全部または一部を修正、改変、リバースエンジニア、 逆コンパイルまたは逆アセンブルなどをすることはできません。

2. 免責事項

富士フイルムは、本ソフトウエアの使用に付随または関連して生じる直接的または間接的な損失、損害などについて、いかなる場合においても一切の責任を負いません。

ダウンロードファイル名: FUJIFILMTetherShootingPluginPROforGFXMac1160.pkg

使用許諾契約書

下記はお客さまが「ファームウエア更新ファイルのダウンロード」をしていただく際にご同意いただきたい事項です。この内容を十分ご理解いただき、「ファームウエア更新ファイルのダウンロード」をされる場合は、下の[同意する]をチェックしてください。 この内容に同意いただけない場合は、下の[同意しない]をクリックしてください。この場合は、当社サービスステーションにてファームウエアの更新を実施させていただきます。

ファームウエア更新サービス

1. ライセンス

本ソフトウエアの著作権は富士フイルム株式会社(以下富士フイルムといいます)に帰属します。

2. 制限事項

本ソフトウエアのユーザーは、本ソフトウエアの全部または一部を修正、改変、リバースエンジニア、 逆コンパイルまたは逆アセンブルなどをすることはできません。

3. 免責事項

富士フイルムは、本ソフトウエアの使用に付随または関連して生じる直接的または間接的な損失、損害などについて、いかなる場合においても一切の責任を負いません。

注意事項

本ソフトウエアの仕様は、将来予告なしに変更することがありますのでご了承ください。