X-Trans CMOS 4

裏面照射型の新センサーをシリーズ初搭載

Xシリーズ第4世代目となる、裏面照射型の新開発イメージセンサー「X-Trans*1 CMOS 4」を搭載。 2610万もの画素数を誇り、X-Trans CMOSの特徴である独自のカラーフィルター配列により、光学ローパスフィルターなしでモアレや偽色を抑制。 また、裏面照射型構造を採用したことで、高いS/Nレベルを維持したまま解像度を向上させています。 さらに、これまでは拡張感度であったISO160が常用感度となり、明るい屋外でも開放絞りによるボケを活かした撮影が可能です。

X-Processor 4

X-Trans CMOS 4のポテンシャルを最大限に引き出す頭脳

画像処理エンジンは高速処理と高い演算能力を誇る「X-Processor 4」へと進化。 多彩な色調・階調表現を設定できるフィルムシミュレーションのさらなる充実、動体追従性の大幅な向上、あらゆる被写体を確実に捉える高速・高精度AF、シネマカメラに匹敵する本格的な動画機能など、新デバイスと新アルゴリズムの組み合わせにより、 X-Trans CMOS 4のポテンシャルを最大限に引き出し、あらゆる面でXシリーズ史上最高のパフォーマンスを実現します。

AF最速

0.06*1

撮影間隔

0.17

レリーズタイムラグ

0.045*2

起動時間

0.3

最速 連写

30コマ/秒*3

EVFフレームレート

100フレーム/秒*2

NOTES

*1 X-Transは富士フイルム株式会社の商標または登録商標です。

*2 BOOSTモード使用時

*3 電子シャッター使用時。メカニカルシャッター使用時は最速11コマ/秒

最近閲覧した製品