特長

高性能センサーとプロセッサー

X-Trans™*1 CMOS III センサー

「X-Trans™ CMOS III」を搭載。非周期性の高いカラーフィルター配列により、光学ローパスフィルターなしでもモアレや偽色を抑制。 高画素化を実現しつつも、更なるノイズ低減を実現したことでISO12800を標準感度として使用できるレベルまで高感度性能を高めています。高性能を誇るXFレンズとの組み合わせで、卓越した高画質を味わうことができます。 読み出し速度にも優れ、高速連写、高精度AF追従、高速ライブビュー表示、高画質な動画性能など、画質に加えてレスポンス向上にも寄与しています。

画像処理能力に長けたX-Processor Pro

画像処理エンジンは旧来の約4倍の処理速度を誇る「X-Processor Pro」。 内蔵メモリを増強し演算性能も向上させることで、「X-Trans™ CMOS III」の能力を最大限に引き出します。 これによりXシリーズの「写真画質」の中核を成すフィルムシミュレーションは、新たに「ACROS」を搭載したほか、従来モードも進化。静止画だけでなく4K動画でもフィルムシミュレーションを楽しむことができます。 また撮影間隔、レリーズタイムラグ、ブラックアウト時間などの短縮、AF精度や連写コマ数向上などにも貢献しています。

最高感度

常用感度に加えて、ISO100/125/160/25600/51200の拡張感度を使用でき、 RAWでの記録も可能。 AUTOでは基準感度・低速シャッター限界・上限ISO感度を設定でき、シーンに合わせてAUTO1〜3にそれぞれ設定を登録できます。

ハイパフォーマンス

高速処理を実現したCPUを搭載。 内蔵メモリも増大させ、さらなる高レスポンスを実現。

AF最速

0.06*2

起動時間

0.4秒

撮影間隔

0.25秒*3

シャッタータイムラグ

0.050秒

EVFフレームレート

54.54fps

連写

被写体の動きを連続で封じ込める最速8.0コマ/秒の連写性能。

メカシャッター 連写最速

8.0コマ/秒

連続記録枚数

62枚 (JPEG)

NOTES

*1 X-Transは、富士フイルム(株)の商標または登録商標です。

*2 CIPAガイドライン準拠、内部測定方式、XF16-55mmF2.8 R LM WR装着時。

*3 MFモード時。

最近閲覧した製品