This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

Hendrik Osula

エストニアのプロ写真家。2007年に、父親のカメラ(キヤノン・パワーショット)を使って遊んだのがきっかけで写真に関心を持つ。2009年、「Nature Year Photo of Estonia」青年部門1位に輝く。それ以来、フォトジャーナリズムの道を歩むようになり、ニュースメディア関連のアルバイトを始める。現在は、エストニア最大手ニュースメディアのフォト・チーフエディターを務める。2013年、Estonian Press Photographyのスポーツ部門一位に輝く。
好きな題材はスポーツ、ポートレート、それにストリートフォト。Xシリーズのカメラを手にしたきっかけはストリートフォトで使いたいと思ったからだ。2014年にX100Sを購入して、それ以来徐々にキヤノンからフジフイルムへとシステムを移行してきた。2015年からX-T1をキヤノンのカメラと共に仕事で使うようになる。
「パーフェクトな一枚がないのだから、パーフェクトなカメラはこの世に存在しない」と彼は言う。そんな彼にとってベストなカメラを探し求めると、時に妥協も必要だ。「色々と考えたがXシリーズが一番という結論に達した。小さめなセンサーを採用しているが、そのおかげでカメラとレンズもコンパクトになった。その結果、どんなカメラとレンズでもいい写真が撮れるんだ。負担なくリュックにも詰め込むことができる。一緒に持ち歩くカメラがベストカメラ。富士フイルムのファミリーの一員となってこれからがとても楽しみだ!」

GALLERIES