About

プロフィール

私は1958年3月25日にストラスブールに生まれた。大学卒業後パリで写真学校に通うようになったがすぐにやめ、ストラスブールのラボで働き始めた。

何年かフリーランスのフォトグラファーとして新聞社やフランス通信社などに向け写真を提供し、その後Sipa Press専属になった。

1985年、Sipaの写真スタッフとしてパリに移り、以来同社のフォトグラファーとして様々な出来事に出会った。即ちベルリンの壁の崩壊やネルソンマンデラの解放、湾岸戦争などだ。

コメント

現在私はフランスSipaPress社にて政治ニュースを担当しているが、慎重な、静かな撮影が求められる際、私はX20を使用している。人々は大きな音を立て不安になるようなカメラではなく、X20のように、より小さく性能の良いカメラで撮影された方が喜ぶのだ。

Gear
Website & SNS links
ホーム X-Photographers Jacques Witt
© FUJIFILM Corporation