X Cinema

Film ETERNA
Heritage #1

映画に求められる色・トーンを追求し続け、「ETERNA」で結実

富士フイルムと映像の歴史は、1934年の創業にさかのぼる。 フィルムの国産化を目指して設立された富士フイルムが最初に商品化したのは、 映画フィルムであった。

詳しく見る

映画に求められる色・トーンを追求し続け、「ETERNA」で結実

富士フイルムと映像の歴史は、1934年の創業にさかのぼる。 フィルムの国産化を目指して設立された富士フイルムが最初に商品化したのは、 映画フィルムであった。

富士フイルムは映画とともに歩み、 日本初のカラー映画では、富士フイルムの映画フィルムが採用された。 また、世界に先駆けて高感度化を進めたことで、国内外の数多くのヒット作に使用され、 映画界で栄誉ある米国「アカデミー科学技術賞 *1 」、「エミー賞*2」を受賞した。”

21世紀に入り、富士フイルムの映画フィルムはさらなる進化を遂げる。 「ETERNA」を冠にしたシリーズを発売。 “Eternal(永遠なるもの)”を語源に持ち、 永遠に残る傑作・名作を映像クリエーターの皆さまに創造していただきたいとの願いを込めた「ETERNA」。 映像のデジタル化も見据えて設計されたものだ。

高い粒状性、シャドーからハイライトまで安定した階調バランス、グレーバランス、 映画で重視される黒・白、そして美しい肌の色再現を重視した「ETERNA」は、 富士フイルムの映画フィルムへの支持を広げるとともに、 「アカデミー科学技術賞」をはじめとする数々の栄誉を受け、高い評価を得た。

「ETERNA」の開発において、カメラマンから聞いた色バランスに対する意見 ――黄色に寄せる、青みを抑えたグレートーンなどのアドバイスも、「ETERNA」に生かされている。

2007年からは、より彩度やコントラストの高い「ETERNA Vivid」を発売。 “色の富士フイルム”らしい鮮やかでカリッとした表現ができるフィルムとして愛された。

※1:米国映画芸術科学アカデミーより、映画界に大きな影響を与える重要な科学的発明・発見や技術上の業績に対して贈られる。
※2:米国テレビ芸術科学アカデミーより、放送業界における技術の発展に突出して貢献した企業や団体、個人に対して贈られる。

Camera Single-8
Heritage #2

「かけがえのない瞬間を正しく美しく伝えたい」という思い。

フィルムの開発とともに富士フイルムが志向したのは、 「誰でもどこでも、きれいな写真・映像が撮れる」こと。 それは静止画でも動画でも変わらない。

詳しく見る

「かけがえのない瞬間を正しく美しく伝えたい」という思い。

フィルムの開発とともに富士フイルムが志向したのは、 「誰でもどこでも、きれいな写真・映像が撮れる」こと。 それは静止画でも動画でも変わらない。 1960年に「フジカ8 T3」で8mmムービーカメラを手掛け、 1965年には、フィルムマガジンをカメラにポンと入れるだけで 誰でも簡単にホームムービーが撮れる「シングル8」を発売した。 これが大いに話題になった。「マガジン・ポン。私にも撮れます」というキャッチフレーズとともに家庭に広がり、 旅行やイベントを動画で残す「ホームムービー文化」の足がかりを作ったのだ。

一方、「シングル-8」は多方面からのニーズと技術開発により進化を遂げ、 高倍率ズーム、オートフォーカス、ハイスピード撮影、 また、プロの映像製作に欠かせないフェードイン・フェードアウト、 オーバーラッピングなどの機能を備えたうえ、 映画の主流である16mmカメラ用レンズマウントにも対応。 映画界で撮影監督を目指すフロンティアたちの修練機になっていった。 一般普及機だと思われがちだが本格的な機能を備えたこのカメラで、 彼らは撮影技術を磨いていったのだ。

「シングル-8」が築いた映像文化は2方向ある。 映像文化の大衆化、そして、映像のプロに向けての基礎づくり。 ただ、根底にあるのは「かけがえのない瞬間を正しく美しく伝えたい」という思い。 そのカメラを富士フイルムは生み出していた。

Fujinon Lens
Heritage #3

映像のプロが選ぶ「FUJINON」レンズ

「FUJINON」というブランドは、放送・映画界で名をはせている。 「高解像度・高精細なレンズを」の信念の下、1964年に放送用レンズ分野に進出。 ドキュメンタリーやスポーツ中継用など放送用レンズとして技術を磨き、 1983年には世界最長44倍TVレンズ、2015年には世界初の4K カメラ対応放送用ズームレンズを発売。 テレビ業界の“アカデミー賞”、米国「エミー賞*1」に3度輝いている。

詳しく見る

映像のプロが選ぶ「FUJINON」レンズ

「FUJINON」というブランドは、放送・映画界で名をはせている。 「高解像度・高精細なレンズを」の信念の下、1964年に放送用レンズ分野に進出。 ドキュメンタリーやスポーツ中継用など放送用レンズとして技術を磨き、 1983年には世界最長44倍TVレンズ、2015年には世界初の4K カメラ対応放送用ズームレンズを発売。 テレビ業界の“アカデミー賞”、米国「エミー賞 *1」に3度輝いている。

そして、2001年、満を持してシネマレンズ分野に参入。 2008年、映画撮影用カメラの標準フォーマット「スーパー35mm」に対応したシネレンズの発売を始め、 2016年までに最高峰の画質と描写力を実現する「HKシリーズ」、 着脱可能な駆動部を搭載し高い操作性を誇る「ZKシリーズ」、「XKシリーズ」の 計3シリーズ9本のズームレンズをラインアップ。 映画用レンズの主流であった単焦点レンズに対して、 放送用ズームレンズで培った技術を余すことなく発揮した“シネマ用ズームレンズ”は どの焦点距離であっても単焦点レンズと見まごう性能を誇り、 ハリウッドをはじめとする多くの映画、CM、ドラマで使用されている。 シネマ用レンズでも「FUJINON」は、2017年に「エミー賞」を受賞した。

また、同年、「Eマウント*2」に対応した「MKシリーズ」を発売。 「HK/ZK/XKシリーズ」の特徴を色濃く受け継ぎつつ、 小型・軽量なボディに性能を凝縮して、高画質・高精細な映像表現実現の裾野を広げているのだ。

予算や用途に応じて使い分けられる幅広いラインアップを揃えるFUJINONレンズは、 映像のプロが選ぶ本格的レンズとして、世界中の映像をとらえ続けている。

*1:米国テレビ芸術科学アカデミーより、放送業界における技術の発展に突出して貢献した企業や団体、個人に対して贈られる。
*2:ソニー株式会社が開発したレンズマウント規格。

X Cinema
New Era

富士フイルムの映画技術がデジタルで凝縮されて ここに誕生 「X Cinema」

映像製作に求められる画づくり、カメラ、レンズ。 富士フイルムはこの全てを独自開発し、長年培ってきた卓越した技術を有する 世界でも数少ないメーカーだ。 長く映像界に身を置き、映像文化を育み、発展させてきた富士フイルムだからできた プロの映像表現を、今、「Xシリーズ」で実現――「X Cinema」である。 新たな映像世界が「Xシリーズ」から広がっていく。

フィルムシミュレーション「ETERNA」

プロの映像表現を「Xシリーズ」で
フィルムシミュレーション「ETERNA」

フィルムを選ぶように、表現者の意図に沿った色調・階調表現をワンタッチで変更できる 「Xシリーズ」ならではの「フィルムシミュレーション」において、 動画に最適な、富士フイルムの映画用フィルムの色再現技術を生かした「ETERNA」を搭載。 プロが愛した映画フィルム「ETERNA」の落ち着いた色と豊かなシャドートーンが 「Xシリーズ」で再現可能になり、ポストプロセスの自由度も飛躍的に向上。 完成度の高い映像収録ができる。

小型・軽量システム

撮影者の意のままに――瞬間を逃さず、時・シーンとシンクロする
小型・軽量システムと拡張性

撮影者がカメラに縛られず、意のまま思いのままに……「カメラは作品を撮るための道具である」。 ミラーレスシステムにAPS-Cサイズセンサーを搭載した「Xシリーズ」は 小型軽量で高い機動性を誇りながらも、 独自の「X-Trans CMOS」センサーにより、豊かな描写表現、高い解像力を生み出す。 初めてカメラを持った人でもシャッターを押せば、ひと味違った映像が得られる。

合わせて、動画撮影に最適化されたフィルムシミュレーション「ETERNA」、 基本画質の低下を起こさない「ボディ内手ブレ補正機能」搭載、大型グリップ採用、 ハイスピード・スローモーション撮影対応など、 プロの映像撮影に最適、あるいは可能性を広げる仕様が多数盛り込まれている。 機動力、描写力、コストパフォーマンスに優れた「Xシリーズ」で ぜひ映像の腕を磨いてほしい。

MKX & XFレンズ

ミラーレスカメラでプロの映像表現を
動画撮影に最適化された「MKXレンズ」

一瞬をとらえる静止画と、一定時間、映像を撮り続ける動画では、 本来、レンズの仕様が異なる。 撮影しながらのズーミング、画角の切り替わり、ピント位置の移動、露出変化などがある動画撮影において、 切り替え時のピントや光軸、画角のズレを抑制するため、 映像用レンズはフォーカス、ズームが独立した機構になっている。 高度な設計・制御が必要となり、それが映像用レンズが大きく重く、高い理由のひとつだ。

「Xシリーズ」では、放送用・シネマ用レンズ開発で培った技術を最大限生かし、 動画撮影に最適化しながらも小型・軽量化した「MKXシリーズ」をラインアップ。 静止画用レンズでの動画撮影時の課題を解決したうえ、機動力を持ち、 画面全域での高い解像度、焦点距離全域での明るいF値によるボケ味を生かした撮影できる。 プロの映像機材と同じ機構ゆえ、映像のプロのカメラワーク・技術を体感、習熟も可能だ。

作品紹介

フィルムシミュレーション「エテルナ」で撮った作品をご覧ください。

BTS映像
インタビュー:会田正裕監督
インタビュー:女優・安達祐実

ストーリー

X-H1開発秘話 #7

シリーズ「X-H1開発秘話」第7話。X-H1に新搭載されされたボディ内手ブレ補正機構についてご紹介します

by FUJIFILM development story, technology, X-H1 Development Story
GFX Panorama & Street Photography

Xフォトグラファー中川剛志がGFと共にアイスランドへ旅たちました

by 中川 剛志 GFX, X-Photographer, street photography, Takashi Nakagawa, Japan, Iceland, travel
X-H1開発秘話 #5

シリーズ「X-H1開発秘話」第5話。新フィルムシミュレーション「エテルナ」の続編です

by FUJIFILM development story, technology, X-H1 Development Story
X-H1開発秘話 #4

シリーズ「X-H1開発秘話」第4話。新フィルムシミュレーション「エテルナ」をご紹介します

by FUJIFILM development story, technology, X-H1 Development Story

ビデオ

GFX challenge with Sandro Georgi -ピエモンテ

Sandro Georgiがイタリア・ピエモンテ州にあるワイナリーを訪れます

by Sandro Georgi GFX, X-Photographer, Sandro Georgi, documentary, GFX challenge, jens krauer, Switzerland, Italy
GFX stories with Serkan Günes -タンザニア

XフォトグラファーSerkan Günesがアフリカ・タンザニアを訪れます

by Serkan Günes GFX, X-Photographer, GFX Stories, Serkan Günes, Sweden, wildlife, nature
X-H1: 栁下隆之 x 空気公団「うつろいゆく街で」

X-H1とMKXレンズ、エテルナを使って撮影された空気公団のミュージックビデオを紹介します。

by 栁下隆之 柳下隆之, movie, music
X-H1: Derrick Ong x Wedding Photography -Proud of-

Derrick OngがX-H1でウェディングの撮影をします

by Derrick Ong Proud of, Singapore, X-Photographer, Derrick Ong
X-H1: William Chua x Adventure "Journey to Tsaatan" -Proud of-

William ChuaがX-H1と共にモンゴルへ旅たちました

by William Chua William Chua, Proud of, outdoor, Singapore, X-Photographer
X-H1: Jason Halayko x Breakdance -Proud of-

Jason HalaykoがX-H1でブレークダンスの撮影をします

by Jason Halayko Proud of, Jason Halayko, Japan
X-H1: Benjamin Kurtz x Carolina Marcelino

Carolina Marcelinoの演奏をX-H1が4Kで捉えました

by Benjamin Kurtz Benjamin Kurtz, music
X-H1: SJ van Zyl x Fashion -Proud of-

写真家SJ van ZylがX-H1でファッション撮影をします

by SJ van Zyl Proud of, SJ van Zyl, fashion, South Africa
X-H1: Anothermountainman x Fine Art -Proud of-

写真家AnothermountainmanがX-H1でファインアートを撮ります

by Anothermountainman Proud of, Fine art
X-H1: Chris Weston x Wildlife -Proud of-

XフォトグラファーChris WestonがX-H1で野生動物を捉えます

by Chris Weston Proud of, UK, Chris Weston, wildlife
X-H1: Graham McCowen x Commercial -Proud of-

Graham McCowenがX-H1を使って撮影をします

by Graham McCowen Proud of, Graham McCowen, fashion, South Africa, commercial photography
X-H1 : 小平尚典 x 郷古廉(ヴァイオリン)-Proud of-

写真家 小平尚典がX-H1を使って郷古廉のヴァイオリン演奏を撮影します

by 小平 尚典 Proud of, Naonori Kohira, music, Japan

カタログ

Xシリーズの最新動画機能について詳しく見る。

ホーム X Cinema
© FUJIFILM Corporation