2022.06.07

X-H2S: "Arirang Motion" x ポッピン・ヒョンジュン

ダンス、写真、映像制作

音楽を身体言語で視覚化、表現するダンスというジャンルにおいて、音楽と同じくらい欠かせないものが、一瞬を切り取る写真です。そしてパーソナルストリーミングの時代である現在、ますます重要性を増している動画撮影も重要です。長年ダンスを続けていると、過去、現在、未来の自分を記録し整理することができるので、特に動画のありがたみが増してきました。

X-H2S & XF16-55mmF2.8 R LM WR, Photo@Roh Seunghwan

こんにちは、ポッピン・ヒョンジュンです。私が映像制作に興味を持ち始めた頃、ちょうど富士フイルムと一緒に仕事をする良い機会に恵まれ楽しく仕事をすることができました。今回初めて富士フイルムのカメラを使ったのですが、写真だけでなく映像でもデフォルトの色再現が素晴らしく非常に感動しました。

今回一緒に仕事をした動画撮影チームの話を聞いて、様々なコーデックが使えること、ProRes収録に直接対応していることは、私のようなMacBookで全ての動画を編集する一般ユーザーだけでなく、プロにも十分通用すると感じました。

X-H2S & XF23mmF1.4 R, Photo@Roh Seunghwan

さらに、ライブや様々な空間で映像制作するストリートダンサーは、光の確保が難しい空間で撮影しなければならないことも少なくありません。その際に最も重要とされる高感度ノイズ処理も良く、長時間の撮影時には冷却ファンを付けることで撮影時間を伸ばせるなど、興味深いセットアップになっています。

X-H2S & XF90mmF2 R LM WR, Photo@Roh Seunghwan

白い民族衣装、調和、そして韓国伝統音楽のアリラン

伝統と現代の共存
古くから、韓国人は白色を好むことで知られています。この理由には単に「白」の純粋さや「決意」といった意味だけでなく、「白」という字が「日」という字と同じ語源であることから推測される「明るい」という意味も含まれています。このことから、改めて光という要素を考えることができるのではないかと思いました。

X-H2S & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR, Photo@Roh Seunghwan

理想と現実の調和、生と死を超えたプリミティブな美を捉える完璧な色とされる空間に調和する白衣の伝統衣装。照明を効果的に駆使し、振付によって韓国における「美」をモダンな方法で再構築してみました。

X-H2S & XF90mmF2 R LM WR, Photo@Roh Seunghwan

常に大衆とコミュニケーションをとるアーティストとして、地域、歴史、ジャンルのバリエーションがあり、同時に一つに結ばれて調和するアリランを、身体言語であるダンスという形で新たに表現したことで、長く記憶に残るアーティストへとまた一歩前進することができたと思っています。

メイキング映像

制作チーム

Art Director | Poppin Hyun Joon
Co-Director | Roh Seung Hwan

Movie

Director | Joo Sangjun (Whales Film)
Producer | Keem Jinho
DoP | Lee Whoohyung (Texture)
Camera Team | Jo Hanhee, Eom Dowol

Music

Lyricist & Vocal | Park Ae Ri
Composer & arrangement | Kim Tae Gun

Costume | Kim Ji Won
Plan | Lee So Jung
Photo | Rohsh

https://www.instagram.com/poppinhyunjoon79/
https://www.youtube.com/c/1979popinboy
https://www.popnsori.com/