This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

2020.11.23 Ozan Sihay

#SOOC: Ozan Sihay x X-S10

Ozan Sihay

1982年にトルコ・アダナで生まれ。チュクロヴァ大学で地質工学を学び卒業後、写真家、監督、撮影監督として活動中。撮影した短編映画で、国内外の多くの映画祭で賞を受賞。同時に、いくつかの地元や外国の映画で監督を務める。多くのコマーシャル、プロモーションフィルム、ミュージックビデオ、ドキュメンタリーも撮影。

ジェームズ・ボンド-スカイフォール』/セット制作アシスタント
ケージ」/助監督
チャーリーズ・エンジェルズ」/セット制作アシスタント

短編作品
Tear」/監督(アルトン・ケペンク映画祭最優秀短編映画賞)
エフェクト」/監督(マニサ映画祭最優秀短編映画賞)
ロコルドの聲」/監督(ロサンゼルス・トルコ映画祭セレクション)
I II III IV」/監督(ボストン映画祭最優秀短編映画賞)
ステイン」/監督(ポストプロダクション)

X-S10のインプレッション

昔からの癖で、カメラの重さや大きなボディを手に感じたい。しかし、私はFUJIFILM X-S10でこのルールを破りました。日常生活においても、プロの仕事においても、写真とビデオは私の生活の中で非常に重要な位置を占めています。写真家、撮影監督、YouTubeのコンテンツ制作者として、X-S10はこれらすべての分野で私に大きな貢献をしてくれました。これほど軽くて小さいカメラを使うのは初めてです。最初は慣れないかもしれないと思っていましたが、人間工学に基づいた構造で非常にしっかりとしたグリップ感があり、自分の体の一部のような感覚にさせてくれました。その軽さは、趣味の撮影でも大きなアドバンテージになりました。私はあまり重い機材を持ち歩くのが好きではないので、余計な負荷がかかるような機材は持ち歩きません。

X-S10は、その小さなサイズにもかかわらず、ハイエンドのボディ内手ブレ補正(IBIS)とデジタル手ブレ補正(DIS)を搭載しています。X-S10の6段補正の5軸IBISのおかげで、ジンバルを持ち歩かなくても、かなり安定した動画を撮影することができました。また、180度回転するバリアングル液晶のおかげで、今まで持ち歩いていた外部モニターが不要になりました。これはVlogをする上で本当に大きなメリットでした。

また、X-T4と比較するとデザイン面でもいくつかの進化が見られます。X-T4でVlog撮影中に画面を自分に向けて回転させると、画面の一部が外部マイク端子に遮られていました。X-S10の設計では、この液晶画面上部へのマイク入力は非常に重要な改善点だと思います。

写真家であり、撮影監督でもある私にとって、静止画と動画2つのモードを素早く切り替えられることは非常に重要です。新しく導入されたもう一つの機能、録画ボタン(REC)は、この切り替えを非常に素早く実行できるようにしてくれました。マニュアル設定では、写真を撮影した後にビデオモードに切り替えてVlogを撮影する必要があります。手持ちや動きのある動画を撮影するので、マニュアル設定では光の変化が激しく適正な露出にするのが難しいのです。Recボタンのおかげで、ほぼすべての設定が自動に戻り、AF-Cモードに切り替わるのですが、これもまた、私の撮影を非常に実用的にしてくれる機能の一つです。

私はソーシャルメディアでの活動が多いので、カメラで撮影した画像を先にスマホに転送して、すぐにシェアしたい場合もあります。そんな時、富士フイルムX-S10のFilm Simulationはとても便利でした。特にClassic Neg.は自分の好みの色調に近いので、ほとんどの撮影で使っていました。このように、モバイルアプリのCamera Remoteで転送した写真や動画をスマートフォンでカラー編集する必要すらありませんでした。

X-S10 & XF35mmF1.4 R

撮影時のAF速度は、X-T4と同じようにとても印象的でした。0.02秒のフォーカシングスピードで、思い通りのコマを簡単に撮影することができました。また、顔と目を検出する感度の高い高精度のAF-Cも搭載しています。顔と目の検知機能を使って動画を撮影しても特に問題はありませんでした。逆光でもかなりの性能を発揮してくれました。

映画のような素晴らしい映像をスローモーション動画で撮影することができます。1080pで240FPSの撮影が可能で、このセグメントでは非常に革新的なカメラとなっています。また、SDカードに4K 30p 4:2:0 8bit、外部レコーダーへのHDMI経由で4:2:2 10bitのオプションが用意されていることからも、X-S10が趣味での撮影だけでなく、プロの撮影にも使えることがわかります。

X-S10 & XF35mmF1.4 R

最後に、FUJIFILM X-S10はX-T4とX-T30の間に位置すると思います。ボディは小型軽量のため、X-T30に近いように見えますが、X-T4の機能のほとんどを備えています。X-T4よりも低価格で、価格性能の面でこのセグメントでの注目を集めることになりそうです。