2021.02.26

PROJECT PEAK: Kristina Varaksina x GF80mmF1.7

GF80mm F1.7インプレッション – Kristina Varaksina

ポートレート写真家として、私はいつも被写体との繋がりを求めています。その瞬間、私は彼らについて何かを理解し、彼らの本当の姿を垣間見ることができます。ファッションやコンセプチュアルなストーリーを撮影するときも、私の目標は常に信じられる魅力的なキャラクターを作ることです。視聴者が人工的なものや仮面に過ぎない表情に惹かれることはないと分かっています。被写体に自由を与えて、私を信頼していると感じてもらえるようにして、撮影や会話が始まると、繋がりが生まれてくるんです。そして、被写体の目の中にある思考の閃きや感情を見た時に、見る人もそれを見ているのだと思います。

開放で撮影するのが好きで、F4から始めて、そこから開放にもっていく。もちろん、ピントを合わせるのが難しくなりますが、開放だからこそ生まれる柔らかさや空間感、被写体と背景との距離感が好きです。私の戦略は、カメラに近い方の被写体の目線にピントを合わせることです。そうすることで、私にとって必要不可欠な繋がりを失わないようにしています。プロのモデルと仕事をするときは、シャッターを切るたびに素早く動き、位置を変えるように訓練されています。だからこそ手動でピントを合わせる時間があまりないので、カメラのオートフォーカスに頼っています。フォーカスポイントをできるだけ小さくして、目の上に置く。次の撮影では、その点をわずかに調整するだけなので、かなり速いスピードで撮影できます。フォーカスポイントが広いと、被写界深度が浅い場合にピントの合う範囲が狭くなり、被写体の鼻にピントが合ってしまうため、アイコンタクトを失ってしまいます。

富士フイルム中判システム用の新しいポートレートレンズを試す機会を頂いた。焦点距離80mm(35mmセンサーの63mmに相当)で、ポートレートは自然に使えるが、ファッション、美容、静物、ライフスタイルなどのイメージもこのレンズを使えば素晴らしいものになるでしょう。レンズの作りも非常に良く、美しいガラスが見事に映えています。中判カメラは、被写体と背景の関係性を重視することで知られていますが、このレンズを使うことで、被写体と背景の関係性を重視することができます。被写体と背景との特別な関係性、そしてボケ味の柔らかさがインパクトのあるポートレートには重要です。だから、中判センサーと絞り開放を組み合わせた撮影は、中判カメラの魅力を引き出してくれるのです。正直なところ、デジタルカメラでこれほど滑らかなボケ味は見たことがありません。写真というよりも絵画のようで、信じられない。むしろ、ピントの合っている部分のシャープさがなければ、絵のようにも見えるでしょう。このレンズは開放で撮影しても、ピントさえ合わせられれば、非常にシャープです。ここでは、絞りをF2にして約2.5~3mの距離から目にピントを合わせて撮影していますが、顔や首などの全体にピントが合っています。ボケた背景の中に色やトーンが徐々に変化していく様子が、まるで絵画のようです。ピントが合っていない部分をこれほど見事にブレンドしてくれるレンズは珍しいですね。これらの画像では、17世紀と18世紀の王室の肖像画を参考にすることを目指し、浅い被写界深度と組み合わせてこの背景を選びました。そして、80mmレンズで得た結果は、私の期待を超えるものでした。

私は中判カメラの80mmがとても便利な焦点距離だと感じています。先ほども言ったように、ポートレートには最適だが、一歩下がって全身が入るように撮影をするには焦点距離が長すぎません。私は写真の中で空間を扱うのが好きで、クローズアップとワイドの両方のためにこの富士フイルムのレンズを使用するでしょう。焦点距離が「通常」に近い(35mm換算で63mm対50mm)おかげで、被写体の大きさと背景の関係をほとんど反映しており、空間の収縮が非常に小さい。個人的にはもっと空間と奥行きがある方が好きだ。長いレンズではあまり撮らない傾向があるので、63mm相当の焦点距離は美しいボケ味と空間感のバランスが絶妙に取れているように思います。

最後に、このレンズは開放F1.7という大きなガラス素材が必要であることを考えると、驚くほど軽くてコンパクトです。約4時間撮影しても、少し望遠のGF110mmで撮影したときのような腕の疲れはほとんどない。さらに 私のカメラケースのスペースを大幅に削減することができます。ロケ地で撮影するときは、1本のレンズを選んで、その1本にこだわることが多いです。80mm F1.7レンズは、人物写真家にとって素晴らしい相棒であり、より芸術的で高揚感のある写真を撮るための完璧なツールだと思います。