This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

2019.04.05 Peter Bauza

パーソナルベスト vol.21 | ピーター・バウザ

Peter Bauza

Peter Bauza is a German photographer who works in the documentary and storytelling world. He is very committed to social and geopolitical issues especially in the areas of conservation, global health, diminishing cultures, sustainability and the environment. He has resided in South America and Europe for more than 20 years and also frequently travels to Africa. Peter is a winner of the international award World Press Photo 2017 for contemporary stories, the POY Latam 2017 for everyday life as well as the Visa d’or 2016 for features. Furthermore, Peter has won multiple awards and honorable mentions annually, including from American Photography, Hansel-Mieth, Latin American Fotografía, Los DIEZ by Epson, Px3 – Prix de la Photographie Paris, Days Japan, Moscow International Photo Awards (MIFA), and the International Photo Award (IPA), among other international awards. Peter’s work has been exhibited in museums, galleries and cultural spaces in Perpignan (Visa pour l’Image), Paris, Siena, Daejeon (Korea), Milan, Quito, Moscow, Salta, Rio de Janeiro, Buenos Aires, and at the Museum of Latin American Art (MOLAA) in Long Beach, California. He has been published in Aftenposten, The Guardian, The Washington Post, New York Magazine, GEO, LA NACION, Leica M Magazine, LFI, Marie Claire, Volkskrant, Stern, NZZ, doc! Magazine, Vrij, Days Japan, NYT Lens, Courrier international, Vanity Fair, VSD, Alma Magazine, Clarin, El Federal, Die Zeit, DOUBLETruck Magazine, DF (Duży), among others. He is the author of the multi-award winning (Lucie, OneEyeland and FEP) book „Copacabana Palace“ a sharing life with the “sem teto, sem terra” (roof and landless) in Rio de Janeiro. Generally hidden from view, they represent the dark side of Brazil’s multibillion-dollar spending spree on global sporting events, financial/political and corruption crisis.

使用機材:

  • FUJIFILM X-T2
  • XF16-55mmF2.8 R LM WR
  • XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

見なければならない物語…伝えなければならない物語…あなたが知っていなければならない物語…

Enduring Times(耐えうる時間)」、ときに「死ぬ国」と呼ばれる私の最近の長期ドキュメンタリー・プロジェクトは、私に深い感情を残し、心を開くよう働きかけてきた。この作品は、数多くの紙面で紹介され、賞を授与された。「Paris Photo Px3 Prix de la Photographie」、「American Photography 2018」、「Visa Pour L’Image」、「Visa D’Or 2018」などだ。

南スーダンは何十年もの内戦の後、2011年にアラブ系が占める北からの独立に成功した。大多数の90%以上が「独立」を支持し、一票をいれた。長い間独立のために戦ってきた人々は歓喜に沸いたが、それは短命の喜びだった。

2013年12月、独立のために戦ってきた仲間だったにも関わらず、新たに就任した大統領のサルバ・キール・マヤルディと前副大統領のリエック・マチャルとの間で紛争が起きた。 キール大統領が率いる真新しい統一国では、ディンカ人が権力を持つようになった。国の長年の夢は、賃金未払い問題で兵士たちが任務を放棄した軍隊とともに崩れ落ちていった。兵士たちは、今では村、キャンプ、そして援助の集まりを略奪する集団となっている。

2013年に発生した危機以来、南スーダンでは400万人の人々が戦争と深刻な食料不安のために家を失い。およそ188万人が国内で避難し、200万人が近隣国へ避難し、推定730万人が人道的援助を必要としている。

世界各国は、南スーダンに年間10億米ドル以上を投資しているが、武器や民族狩りは止まることはない。

4ヶ月に渡って敢行したの南スーダンプロジェクト「Enduring Times(耐えうる時間)」から、私にとって印象的な写真とその裏話を紹介しよう。

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

連載「パーソナルベスト」をもっと読む

Vol.1 フレミング・ボー・ジェンセン
Vol.2 ピーター・デュープ
Vol.3 サンティアゴ・エスコバル-ハラミーヨ
Vol.4 ステファン・フィンガー
Vol.5 カイザ・クルス・バカーニ
Vol.6- クリスチャン・ボブスト
Vol.7- トーマス・ラザール
Vol.8- イーモン・マッカーシー
Vol.9- ファルーク・アクバス
Vol.10- ケビン・ムリンズ

カテゴリー

このストーリーで使われている製品