This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

2020.09.09

PEAK: Nora Nussbaumer x XF50mmF1.0 R WR

XF50mmF1.0 R WR インプレッション

ポートレート撮影で私が魅力を感じているのは、一瞬の間にある素直さです。

その背景にある物語や背景とは何か?
それは私に何を伝えているのか?

私にとってポートレートもルポルタージュ写真も、信頼関係を築くことと、誰もが油断できない緊張感を作ることなのです。目と目が合ってお互いを尊重し合うこと、それが私の哲学です。ただ写真を撮るだけではなく、目の前の人の心を垣間見ることも大切にしています。自分が見ている美しさを撮影すること。

出会う人ごとに何か新しいことを学べるということが、私が写真を撮ること、そして人生について一番好きなことです。一つのアイデアが持つ力と、一人の人間の行動がコミュニティとして私たちをどこまで高めてくれるのかを自分の目で確認することは、私を驚かせ、刺激し、やる気にさせてくれます。

PEAKプロジェクトについて

“エア・ツェルマット”の物語を語るには、最初にビート・ペレン、またの名を“ツェルマッター”、を知るところから始めなければなりません。1929年生まれの彼は、冬になると村が世界から遮断されていた時代のことを覚えています。 地元の人たちは、地域の人たちに頼らなければならず、協力して働いていました。

現在、マッターホルンのシルエットは世界中に知られており、ツェルマットは国際的なアルパインツーリズムと山岳救助のパイオニアとして有名です。 アルペン観光の増加に伴い、事故が多発し、山岳救助のための新たな解決策が急務となり、医療輸送も増加しました。当時は、特に氷河での事故は死の宣告に近いものでした。近くに病院がない場合はなおさらです。1968年、当時薬剤師でありパイロットでもあったビート・ペレンは、この状況を変えたいと考え、そのためのヘリコプターを購入することを決意しました。

  •      
  •      
  •      
  •      

今日では、応答時間が最も重要であり、ヘリコプターによる救助は、容赦ない山の頂上で命を救う唯一の現実的な選択肢であることを知っています。しかし、写真撮影と同じで、機材だけでは十分ではなく、献身的な人々の熟練した手によってのみ、真の可能性を引き出すことができます。

  •      
  •      

彼らは献身、鋼の精神力と最高レベルの精度で働くことでお互いに信頼していますが、私が最も深い印象受けたのは他人を救出するために自分の命を危険にさらす彼らの意欲です。

乗組員のほとんどがスイスの山で育ち、クライミングが生活の一部となっており、長い伝統を持つ彼らにとって山は第二の故郷です。自然に囲まれ、自然の意志と力に囲まれて育った彼らは、ある種の謙虚さを人格に残しているに違いありません。これは、彼らの高揚感と驚異的なチームワークに欠かせない要素であることは間違いありません。

  •      
  •      

エア・ツェルマットの歴史を知ったとき、私はそれに敬意を表し、それを正しく表現するシリーズを作りたいと思うようになりました。ビート・ペレンのカリスマ的なキャラクターを乗せて、エア・ツェルマットの本拠地とそのドラマチックな風景を記録しています。

1.0という驚異的な絞り値を持つXF50mmF1.0レンズとX-T4との組み合わせでこのルポルタージュを撮影したが、これ以上の機材はもはや考えられません。このレンズは、わずかな光もしっかりと捉えてくれるので、私の撮影スタイルには理想的です。ポートレートでは、影と光のバランス、意図的に見せるものと隠すもののバランスを弄るのが好きです。ルポルタージュでは、ほとんど光がない状態で撮影することができるので、自由度が高まります。

光と影のグラデーションは滑らかで、色は富士フイルムが得意とする豊かさと繊細さを持っている。絞り値1.0で、映画のような仕上がりになっていいます。手持ちで撮影したり、常に移動したり、空飛ぶヘリコプターやゴンドラの中で座ったり、光の変化と格闘しながら絞りを試したりと、限界に挑戦していました。X-T4の新しいボディ内手ブレ補正機能(IBIS)のおかげで、驚くほどシャープで、風景のドラマを忠実に再現した画像を撮ることができた。

このレンズは、被写体に寄り添うことで、写真に親近感を与えてくれます。特にこのレンズは、被写体を引き込んでくれるような独特のムードがあるので、見ていて楽しいのです。

このような圧倒的な広さの風景の中で、私の目は小さなディテールやグラフィックを探して彷徨いたくなります。よく見ると物や人が見えてきて、風景の本当の大きさがわかるようになっています。

レタッチは最小限に抑えて、この機材に期待している成果を感じてもらえるようにしました。撮って出しの画像も沢山あります。シネマライクな色再現を含めた品質は、ワークフロー全体にプラスの影響を与えます。

これらは私の生活をよりシンプルにしてくれます。

ルポルタージュ撮影では、機材をできるだけコンパクトにして汎用性の高いものにしたいと思っています。長時間の撮影や移動の多い日でも、軽さと柔軟性を保つことができます。 FUJIFILM Xシリーズを使う前は、撮影の翌日にひどい頭痛に悩まされていました。重いカメラでの作業は疲れますが、富士フイルムのおかげでその必要がなくなりました。