2018.12.06 Jonas Dyhr Rask

Jonas Dyhr Rask Live Stage in Photokina 2018

Jonas Dyhr Rask

Jonas Dyhr Rask(1980年)はオルフス大学出身の一般開業医(G.P.)、M.D.であり、写真対して熱い情熱を持っている。 2008年に最初のキヤノンのDSLRで彼は写真家としてのキャリアを開始。それ以降さまざなフィルムカメラや富士フイルムのXシリーズを試した。父がウェディングフォトグラファーカメラマンだったためJonasはカメラに囲まれて育った。 彼の写真撮影の創造的刺激は人間とその環境との交錯から生まれる。医学の学位に直接起因して、彼のストリートフォトグラフィは人を浮き立たせ、焦点を合わせようとし、都市の景観を殺風景で世俗的なコントラストとして使う。この独特な撮影スタイルをウェディングの撮影や子供のポートレートをはじめとしたほかの仕事を請け負うときにも適用している。 自然光だけを用いて、かつ自然のままの撮影アプローチを用いて、彼はデンマークのストリートの生活の実態を干渉や介入なしにありのままを記録しようとしている。 多くの写真をハイコントラストなモノクロで撮影し、被写体や風景の余分な要素となる色を排除し、見る者に物語と情緒を届けようとしている。