2021.11.05 Dany Eid

GFX50S II: "More than Full Frame" x Dany Eid

Dany Eid

アラブ首長国連邦のドバイを拠点に活動する写真家、ダニー・エイド。レバノンで生まれ育ち、インテリアデザインと絵画を学びました。数年前に祖国を離れ、駐在員として中東のさまざまな国に移り住んだことがあります。

都市から都市への移動、中東の多様性、世界を巡る旅への情熱、そして育った場所へのホームシックは、彼の写真に大きな影響を与えました。経営者としてのキャリアを捨て、情熱の赴くままに写真家になったのです。ダニーは、好きな仕事をすること、そして夢を追求することに勝るものはないと信じています。 

ダニーは、風景、都市景観、建築、企業、旅行写真を専門としています。また、世界各地で独自のワークショップを開催しています。

2014年からフルタイムのプロフォトグラファーとして活躍しているダニーは、業界の主要ブランドとも密接に連携しています。彼はカールツァイス、Fstop GearとNiSiフィルターのグローバルアンバサダーであり、2020年のEXPOの公式建築フォトグラファーでもあります。

GFX50S IIiインプレッション

私の名前はDany Eid、ドバイを拠点とするレバノン出身の写真家です。建築・風景写真を専門としています。

GFX100 & GF32-64mmF4 R LM WR

私が山や砂漠、海などの風景写真を撮るときに気をつけていることは、ディテールと構図です。構図とは、自然の中にあるディテールを見つけ出し、普段は目にすることのないディテールを表現することです。そのためには、被写体に近づいたり、前景の要素に焦点を当てたりします。また、フォーカススタッキングのテクニックを使い、パノラマ撮影をすることで、画像に深みを出します。

GFX50S II & GF32-64mmF4 R LM WR

風景写真では、事前準備がとても重要です。私はギリギリになってから撮影に行くことはしません。必ず事前に計画を立てて撮影します。同じ場所に何度も来て構図を決め、前景と後景のディテールを確認し、どの焦点距離で撮影するかを決めるのに時間をかけます。望遠で撮影すると、広角レンズで撮影するのとは全く違うイメージになりますからね。

GFX50S II & GF45-100mmF4 R LM OIS WR

すべての写真には、実際にシャッターを切るまでに多くの時間がかかります。私にとって風景写真は、ストリートフォトやフォトジャーナリズムのように、ワンチャンスで撮れるものではありません。私の場合は、計画を立て、偵察し、光の方向を研究し、天候を確認して初めて撮影に移ります。

この10年間で、私は50カ国以上を旅してきました。それぞれの国は、自然や風景の点で異なっています。アイスランドは、人気のある国ですが、私にとってはとてもユニークな場所です。黒い砂、火山、氷、山のユニークな組み合わせ、そして特にオーロラは、私にとって最高の場所のひとつです。次に列挙するならば砂漠が好きなので、間違いなくナミビアが挙がるでしょう。もちろんUAEにも砂漠はありますが、ナミビアは違います。世界で最も古い砂漠で、色も構図も野生動物も全く違うのです。

GFX50S II

私が風景写真で好きなのは、自然の中にいることです。私はレバノンの山の中という自然の中で育ちました。私の商業写真が建築物であるのに対し、風景写真に惹かれる理由のひとつです。ほとんど同じテクニックを使っていますが、私にとって風景写真は全く違うものです。

GFX50S II & GF45-100mmF4 R LM OIS WR

私は自分の風景写真と、遠隔地に陸路で移動する好奇心を組み合わせることにしました。完全な遠隔地で、自分の時間と柔軟性を持って、構図に近づけることが重要です。車の運転やオフロード走行そのものに情熱を持っているわけではありませんが、自然に囲まれ、撮影場所の近くにいることができるのです。キャンプ場や設備、電気など、自分で準備したものを使って撮影をしたり、時にはワークショップを開いたりもします。

GFX50S II & GF45-100mmF4 R LM OIS WR

私の編集やポストプロダクションに対する考え方はとてもシンプルです。多重露光やパノラマ写真のつなぎ合わせなどはよく行いますが、編集にはあまり時間をかけません。というのも、私はアウトドア派なので、撮影は多く、編集は少なくしたいのです。自然の中で撮影したり、クライアントのために撮影したりしたいのです。富士フイルムのGFXから得られる16ビットのファイルでは、驚くほどのディテールを捉えることができ、多重露光の処理に何時間も費やす必要はありませんでした。