2021.02.05

GFX100S: “More than Full Frame” x Niklas Eschenmoser

GFX100Sのインプレッション

私を山へと駆り立てるのは、不毛の山の風景、広い氷河、そして孤独な谷間である。私の写真作品では、これらの高山の風景を最も手つかずのままの側面から記録するという目標を追求している。そのためには、最高画質の信頼できるカメラシステムが必要だ。

私はスイスの風景写真家、Niklas Eschenmoserです。富士フイルムの機材を使い始めて4年になります。

私にとってカメラは、高い画像解像度を持ちながらも、長期の旅行にも対応できるコンパクトなものでなければならない。新しいFUJIFILM GFX100Sは、私の風景写真の完璧な相棒であることが証明された。カメラに対する私の期待を完全に超えている

GFX100S & GF30mmF3.5 R WR

中判センサーに1億画素、一方でコンパクトでありながらパワフル。信じられない。

FUJIFILM GFX100Sは、一見フルサイズカメラのように感じられるが、性能の面ではフルサイズを超えているのは間違いない。

私の写真では、被写体の構造や質感、ディテールを隅から隅までシャープに表現したいと思っている。最終的な画像では、100%以上にズームインすることができ、シャープネスをほとんど損なうことはなかった。このことは、今回のプロジェクトの一環として制作した2m以上のプリントでも確認できた。細部のディテールと、写真の端までシャープに写っていることに非常に感銘を受けた。

GFX100S & GF23mmF4 R LM WR

体力的な負担と時間的なプレッシャーのために、私はロケ地での写真に完璧なディテール得られないことがある。しかし今回は、高解像度のおかげで、ポストプロダクションで写真を自由に手を加えることができる。

新しい手ブレ補正機能は、私に大きな柔軟性を与えてくれる。これは非常に説得力があり、そのおかげで高山ツアーでは三脚なしで撮影することができる。撮影時には、日の出前にFUJINON GF30mmF3.5で1/10秒の手ブレで問題なく撮影できた。

GFX100S & GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR

私はいつもマニュアル設定で撮影しているので、選択した設定が一目でわかるのはとても助かる。カメラ上部の大きなディスプレイには、必要な設定が一目でわかる。この直感的な操作性は、カメラ全体で一貫している。大半のボタンは自分のニーズに合わせて調整できる。このシンプルで素早い操作性は、GFX100Sでも明らかに引き継がれている。

ツアーでは、厳しい天候にさらされることが多い。GFX100Sは非常に堅牢で、どんな天候でも使えそうな感じがする。撮影中の気温は氷点下20度。バッテリーを十分に温めておけば、このような操作はカメラとしては問題なかった。

GFX100S & GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR

意味のある色を優先して撮影している。GFX100Sがもつラージフォーマットセンサーは、非常に多くの色情報を得ることができる。16bit RAWは、カラー編集の可能性を無限に広げてくれる。

このカメラのおかげで、ディテールのクオリティを損なうことなく、巨大なプリントができるようになった。緻密な色のグラデーションとシャープネスが、写真を生き生きと見せてくれる。大きなプリントで写真の品質を見ると本当に信じられない画質に驚く。

GFX100S & GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR

このカメラがあれば、将来は世界中の山頂を1億画素で撮影できるようになるだろう。富士フイルムGFX100Sは、私のビジョンを視覚的に伝える新しい方法を提供してくれる。

GFX100S & GF50mmF3.5 R LM WR