2021.02.19

GFX100S: Flat Out for Success

Michael Clark氏が、GFX100Sの小型で軽量なスタイルで、1億画素のセンサーをアウトドアやアクション写真にどのように活用できるかを説明します。

「時速60マイル(97キロ)で走るトラックの荷台にぶら下がって、目の前を数フィートのところでレースをしているダウンヒルのスケーターを撮影しているなら、そうですね、小さくて小型なカメラはあなたに大きなベネフィットを与えるでしょう!」とMichael Clark氏は笑いながら話します。

携帯性と1億画素のラージフォーマットセンサーの比類のない画質を組み合わせれば、パワフルでありながら汎用性の高いパッケージを手に入れることができます。新しいFUJIFILM GFX100Sを使ってテストを行い、前モデルとの比較をしてみました。

Photo © Michael Clark | FUJIFILM GFX100S camera and GF23mmF4 R LM WR lens, 1/25 sec at F8, ISO 100

アドベンチャースポーツの分野で数十年の経験を持つ国際的なアウトドアフォトグラファーであるMichael氏は、撮影するアスリートたちが直面するような過酷な環境に身を置きます。クライミングの専門家としてスタートした彼は、現在、National GeographicやSports Illustratedなどに編集部として寄稿しているほか、Nike、Apple、Red Bullなどのコマーシャルクライアントのために作品を制作しています。

2018年のカメラ発売と同時にGFX100に移行したMichael氏は、
「私のキャリアの中で、地球上の最高の写真家たちと対戦する段階にあった」
と語っています。彼は付け加えます。
「私はアクション写真を多く撮っていますが、ポートレートの世界の同業者はみんな中判カメラで撮っているので、私はポートレートの世界で自分のレベルを上げたいと思っていました。それは私の得意なジャンルではないとわかってはいましたが。今ではGFX100がメインカメラになっていて、少なくとも仕事の8割はGFXでやっていると思います。」

Photo © Michael Clark | FUJIFILM GFX100S camera and GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR lens, 1/1250 sec at F8, ISO 800

では、GFX100Sの第一印象はどうだったのだろうか。
「サイズは確かに衝撃的でした。GFX100Sの方が断然小さい。パワーの割には小さい。FUJIFILM X-T4のサイズに近い。感動を与えてくれることでしょう」
と話しています。

Photo © Michael Clark | FUJIFILM GFX100S camera and GF80mmF1.7 R WR lens, 1/4000 sec at F1.7, ISO 100

マリブの丘陵地でダウンヒルのスケーターを撮影するためにこのカメラを試してみることにしたMichael氏は、この新しいカメラを使って短期間のうちに、ラージフォーマットカメラにありがちな世の中で長年研究されてきたポートレートから、通常この手のカメラでは考えられないようなアクション写真まで、さまざまな写真を撮影し、その汎用性の高さを示しました。
「GFX100Sの真の原動力となっているデザインコンセプトは、デジタル一眼レフカメラの使用を想定する状況ならどこでも使えることです。だからアクション撮影をしようと思いました」

Photo © Michael Clark | FUJIFILM GFX100S camera and GF23mmF4 R LM WR lens, 1/25 sec at F8, ISO 160

そして、並走して走る撮影トラックの話に戻ります。動きのブレを拾うシャッタースピードを設定し、連続フラッシュを使用してスケーターの動きを止めるこのシャッタードラッギングテクニックは、Michael氏によると
「この種のスポーツにスピード感を加えるために、私のキャリアを通して行ってきたものです 」
と説明しています。
「本当に速いシャッタースピードでは、スケーターの動きが完全に止まってしまい、必ずしも実際に感じるエネルギーが伝わってくるわけではありません。技術的にはどんなカメラでもできることですが、ラージフォーマットで1億画素で撮影するのは確かに珍しい。」

Photo © Michael Clark | FUJIFILM GFX100S camera and GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR lens, 1/1250 sec at F8, ISO 800

「実際には、スケーターは道路の反対側にいて、私たちはスケーターのすぐ隣で同じスピードで走っていました。アシスタントが前に出ているアームを持っていて、大きなストロボをつけてスケーターに向かって角度をつけていました。全員がクライミングハーネスを装着していて、私たちもカメラを装着していたのですが、私は文字通りトラックからぶら下がって、カメラをできるだけ低く持ち、液晶画面を反転させて使用していました。大きくて重いカメラでは安定させるのが難しく、腕が痛くなるであろうことは間違いありません。」

そんな状況の解決策で、かつカメラを大幅に小型化しながら実現したのが、GFX100Sに搭載された新開発のボディ内手ブレ補正(IBIS)システムです。GFX100よりも小型で、ジャイロセンサーを搭載し、GFレンズの光学手ブレ補正(OIS)と連動して最大6段分の補正を実現しています。さらに重要なことに、IBISを使っても1億200万画素のすべての画素が最大の解像度を実現します。高速で走る車に取り付けた場合ですら問題ありません!

Photo © Michael Clark | FUJIFILM GFX100S camera and GF32-64mmF4 R LM WR lens, 1/40 sec at F6.4, ISO 50

「IBISは驚くレベルです。1/10秒以下で撮影した意図的なブレを入れた写真でも間違いなく撮影できます。なぜなら、背景にブレを作るために意図的な動きがあっても、滑らかに見えるためには被写体に安定した動きが必要だからです。この解像度のカメラにしては信じられません。1億画素のカメラで1/10秒の手持ち撮影ができるのは まさにサイエンス・フィクションですね」。

このことは、スケーターがトラックに近づいた画像の中でも特にはっきりとしていました。「スケーターが真正面から細部まで写っている画像の中には、カメラが何をできるかを示すものもあります」とMichael氏は言います。

「スケーターがトラックの荷台につかまり、ストロボが設置されている道路の一部に差し掛かったところで飛び出します。ライトの間に挟むタイミングは馬鹿げていたけど、いくつかはうまくいったし、ディテールにまでこだわったものもあったから、とても嬉しい」とMichael氏は語ります。

Photo © Michael Clark | FUJIFILM GFX100S camera and GF32-64mmF4 R LM WR lens, 1/6 sec at F8, ISO 200

では、GFX100SはMichael氏の制作方法を変えるのでしょうか?
「1億画素のカメラを持って、さまざまな仕事をすることができるようになることは確かでしょう。例えば、昨年、ヒマラヤに登ったとき、小さくて軽いFUJIFILM X-Pro3を持って行きました。しかし、今ではGX100Sと小さなレンズ2本で同じことができ、奥地まで何時間もハイキングしても、大きな問題はないと思います。」

「このようなクロスオーバーのアウトドアクライミングやトレッキングのような状況では、どれだけ重量を切り詰められるかが全てであり、これは私にとって非常に合理化された機材のように感じています。そして、バッテリーの持続時間も素晴らしいです。だから、もしどこか壮大で美しい場所に行くのであれば、1億画素があることは最終的に画質の面で大きなポイントとなるでしょう。間違いなく、これは私の新しいメインカメラであり、これからはGFX100がバックアップになると思います」

Michael氏の素晴らしい撮影の舞台裏はこちらの動画より御覧ください。

Photo © Michael Clark | FUJIFILM GFX100S camera and GF23mmF4 R LM WR lens, 1/4000 sec at F4, ISO 200