2023.10.05

GF55mmF1.7 R WR: ストリートフォト x Evaan Kheraj

ニューヨークのベッドフォードとダウニング・ストリートの角に腰掛け、朝のアイス・ラテを飲みながら、私が写真家になり、そしてこれからも写真家であり続けるために、周囲の人々がどれほど不可欠な存在であったかを表現する言葉を見つけようとしている。

どんなアーティストにも何らかのインスピレーションが必要であり、毎日カメラを手に取り、新しいイメージを生み出す原動力となるものがある。私の場合それは友人たちであり、3人のかわいい娘たちであり、毎日撮影現場で出会うさまざまな人物たちだ。機材は紛れもなく重要だが、私は新しい機材が大好き(そうでない人はいないだろう)。あなたの目の前にある世界を撮影する手助けをしてくれる機材を望んでいるのだ。

写真が好きになったのは高校生のときだった。人生で初めて、自分には本物の才能があると気づいた瞬間だった。まあまあ、私的には才能があったってことで、それで何よりなんだけどね。当時は、それが自分の進むべき道だとは考えていなかった。友人たちが馬鹿げたことをしているのを記録するための手段だった。この記事を読めばわかるように、私は文章を書くのが下手だから、写真は私が思っていることを一番うまく伝えられる方法なんだ。そして、これは友人たちと過ごすひとときに参加する手段でもある。いつもレンズの後ろにいるのはいささか非社交的なようだが、ファインダーを覗いて集中することで、思い出をよりよく心に刻むことができるように思う。

GFX100S & GF55mmF1.7 R WR

当時はまだ十分に理解していなかったが、カナダ西海岸で過ごした環境が私にとって最高のイメージを得るための道具を形成していたのだ。学校の先生は私に富士フイルムのフィルムを使うように勧めてくれた。太平洋岸北西部の緑と青を引き出してくれるからだ。だから私は富士フイルムのVelviaストックを主に使っていた。現在も同じ理由で富士フイルムのデジタルカメラを使っている。富士フイルムのフィルム作りの豊かな歴史が、デジタルカメラで最もフィルムらしい雰囲気を出すのに役立っているのだと思う。

  • GFX100S & GF55mmF1.7 R WR

  • GFX100S & GF55mmF1.7 R WR

  • GFX100S & GF55mmF1.7 R WR

実際、私の初めてのデジタルカメラは富士フイルムのFinepixだった。確か3メガピクセルで、35mmのポイント&シュートTiaraをモデルにしているように感じた。現在はGFX 100sに手を伸ばしており、GF 55mm F1.7レンズのリリースにとても興奮している。ご存じない方のために説明すると、GFXシステムは富士フイルムの中判デジタルカメラシステムである。これらのカメラから得られるファイルは傑出しており、ディテールのレベルは本当に驚くべきものだ。この最新のレンズのリリースは私にとってとても大切だ。というのも、GFXシリーズで初めてこのカメラはもはや単なる解像度の怪物ではなく、本物の中判フォーマットのような写真を作成できるようになったからだ。

GFX100S & GF55mmF1.7 R WR

GFX100S & GF55mmF1.7 R WR

中判フィルムの主な魅力は前景と背景を分離する能力なので、F1.7を手に入れることで、ようやくその能力を発揮することができる。80mmF1.7もラインナップにあるが、どちらかというと素晴らしいヘッドショットレンズのように感じた。この55mmという焦点距離は、被写体をその環境の中で見せることを可能にしてくれる。55mmF1.7は、「誰が」「どこにいるのか」を表現することができ、ストーリーを語る上でとても重要だ。ドキュメンタリーとポートレートの写真家である私にとって、被写体がいる環境は見る人に物語をより良く伝える上で非常に重要だ。そのため、シーンには多くの情報を捉えれば捉えるほど良い。

私は人生とその一部である人々の写真を撮る。時間の中にある特定の視覚的なポイントに強い愛着を持っている。Herb Ritts氏、Richard Avedon氏、Irving Penn氏のようなアーティストの写真は、私に大きな影響を与えた。彼らの画像はとても鮮明で、被写界深度に独特の感触がある。私はこのように世界を捉えたい。特定のトレンドにとらわれないようにしているし、新しい世代の視覚言語とコミュニケーションするために常に変化させてきた。けれども、私はいつも中判の美学に立ち返っている。

  • GFX100S & GF55mmF1.7 R WR

  • GFX100S & GF55mmF1.7 R WR

  • GFX100S & GF55mmF1.7 R WR

  • GFX100S & GF55mmF1.7 R WR

  • GFX100S & GF55mmF1.7 R WR

  • GFX100S & GF55mmF1.7 R WR

新しい世代が生まれるたびに、私は伝統的な中判写真の堅固な基礎に彼らの追加要素を組み込んでいく。 歴史書のように私は過去の知識を活用し、過去の素晴らしい作り手に敬意を払いつつ、自分の未来を築いていく。友人や家族は常にインスピレーションであり、カメラを手にする理由を与えてくれる。世界はとても素晴らしい場所だ。ありがたいことに、写真はそうした思い出を心に留めておく助けとなってくれる。