This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

Knut Koivisto (Sweden)
X-T4 50mm | F1.0 | 1/1000 | ISO320
XF50mmF1.0 R WR

もっとも明るく、するどい眼

これはあなたの知っているF1.0ではない。なだらかな輪郭、収差を活かした溶けていくような後ボケのまろやかさと、大口径の常識を覆すエッジの鋭い解像。それらが絞り開放から実現され、これまでにない緊張と緩和のコントラストは、写真を見るもの視線を誘い心酔させます。

F1.0の序曲、絞りによる変奏

すごいのは絞り開放だけではありません。収差を味わいとして残したF1.0から、絞り込むごとにシャープさが増し、F2でボケは真円を描き、1/3段ごとに描写が変化してゆく。絞りに呼応するボケの表情の変化を確かめながら撮影ができます。

F1.0

Yukio Uchida (Japan)
X-Pro3 50mm | F1.0 | 1/900 | ISO800
XF50mmF1.0 R WR

F2.0

Yukio Uchida (Japan)
X-Pro3 50mm | F2.0 | 1/210 | ISO800
XF50mmF1.0 R WR

寄りの優しさ、引きの強さ

特別なレンズだが、特殊ではありません。なだらかなボケは寄りで撮ったときに優しさを加え、きりっと分離された合焦面は引きで撮ったときに強さをもたらす。主題を引き立たさせながら、脇役を取り込む余地を持つ、換算焦点距離76mmの真価はここに極まります。

Jamie Stoker (UK)
X-T4 50mm | F1.0 | 1/125 | ISO640
XF50mmF1.0 R WR

その瞳の光を離さない

F1.0の浅い被写界深度においては、コサイン誤差や身体のわずかな揺れも許されません。点で合わせるピントのシビアさは、撮影者に多大な負担を強いる。しかし瞳・顔認識と多点AF、ミラーレスの恩恵により、このモンスタースペックを意のままに操ることを可能にしました。

雨が彩るボケの華

日暮れに雨が降ると心が躍り、このレンズを選びたくなる。濡れたアスファルトに映る街灯りが、艶やかなボケとなって闇を彩るから。雨でこそ映える世界もあると、このレンズは教えてくれます。その輝きを切り取るとき、絞りはいつもF1.0。

Photographers’ Voice

  • 特別な個性を持ち、現物よりも美しく切り取ってくれるレンズ

    特別な個性を持ち、目に見えるあらゆるものを、時に現物よりも美しく切り取ってくれるレンズとの出会い。それらのレンズは、使わずにはいられず、かけがえのない相棒になってくれます。

    Jamie Stoker

    UK

  • 人の持っているパフォーマンスを高めてくれる

    未知の領域です。ハイテクノロジーのスニーカーが世界記録を上げていくみたいに、これは人の持っているパフォーマンスをより高いところに引き出すようなレンズなのかなと思います。

    Yukio Uchida

    Japan

  • 暗い環境下においてもシャッター速度とISO感度の自由度を与えてくれる

    50mmF1.0は暗い環境下でも速いシャッタースピードや低感度を選択できる自由度を与え、作品のクオリティを高めてくれた。フォーカス性能も素晴らしく、ストリートやスタジオ撮影など、あらゆるシーンで活躍してくれるレンズです。

    Kurako Yalan

    China

  • 製品名

    フジノンレンズ XF50mmF1.0 R WR

  • 価格

    希望小売価格:200,000円(税別)

  • JANコード

    45-47410-435856

  • 発売日

    2020年9月24日(木)

  • ニュースリリース

    ページを見る

  • カタログ

    ページを見る

最近閲覧した製品