This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

GF250mmF4 R LM OIS WR

Gマウント用望遠レンズ

「GF250mmF4 R LM OIS WR」は、他の「GFレンズ」と同様に、富士フイルムの光学設計技術を結集し、将来の更なる高画素化にも対応できる解像力を持った35mm判換算198mm相当の望遠レンズです。 高い解像性能と豊かなボケ味でその場の空気感まで描写します。 また、同時開発した1.4倍テレコンバーター「GF1.4X TC WR」を装着することで、画質劣化を伴うことなく35mm判換算で277mm相当までの望遠領域をカバーします。 本レンズでは新たにフォーカスプリセット機能も搭載し、メモリーしたフォーカス位置に瞬時にピントを移動することも可能となりました*1。 マグネシウム合金鏡筒を使用して軽量化し、防塵・防滴・-10℃の耐低温構造も実現して、プロ写真家が用いる撮影機材として高い信頼性も兼ね備えています。

圧倒的な超高画質

スーパーEDレンズ1枚とEDレンズ2枚を含む10群16枚構成で、色収差を徹底的に抑制して圧倒的な高画質を実現。 フォーカスにスーパーEDレンズを使用することで、撮影距離による色収差の変動を抑制して最短1.4mまでの近接撮影を可能にし、 最大撮影倍率0.22倍を実現。大きなボケを活かしたテレマクロ的な撮影も出来ます。

強力な手ブレ補正機構

CIPA準拠で5.0段分の手ブレ補正性能を実現しました。 手振れが目立ち易い望遠レンズでも、GFXの高解像力を余すことなく引き出します。

多彩な機能を搭載

フォーカス範囲を制限してAF速度を高速化するフォーカスリミッター、予め設定したフォーカス位置を記憶できるフォーカスプリセット機能、更に鏡筒の先端4ケ所に配置したフォーカスコントロール釦でフォーカスロックやオートフォーカス作動も可能です。

*フォーカスプリセット機能やフォーカスコントロール釦を作動させるためにはGFX 50Sのファームアップが必要です。
同時発表のGFX 50Sファームアップに本内容も含まれます。

静音で高速なオートフォーカス

フォーカス駆動にはリニアモーターを採用し、高精度且つ静音・高速なオートフォーカスを実現します。 また、電源オフ時及び再生時にリニアモーターを固定する機構を新たに設け、フォーカスレンズを固定します。

さまざまな撮影環境に耐えるタフネス設計

鏡筒にはマグネシウム合金を採用し、堅牢性を確保すると同時に軽量化も実現。 18ケ所にシーリングを施し、防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を実現しています。 更に、最前面のレンズには、撥水・防汚性能があるフッ素コーティングを施しました。小雨や埃が舞うアウトドアの環境下でも安心して撮影ができます。

1.4倍テレコンバーター

1.4倍テレコンバーター(GF1.4X TC WR)を同時開発し、高画質を維持しながら350mm(35mm判換算で277mm相当)までの望遠撮影が可能です。 F値は1段暗くなります。 主レンズ及びテレコンバーター共に高性能なため、テレコンバーター接続時もMTFの劣化はほとんどなく、高い解像性能を維持します。

製品名フジノンレンズ GF250mmF4 R LM OIS WR
価格希望小売価格:443,500円(税別)
JANコード45-47410-370133
ニュースリリースページを見る
カタログPDFを見る

最近閲覧した製品