直感的なアナログ操作

電源OFFの状態でも天面を見れば撮影条件が一目でわかる、Xシリーズ伝統のスタイルを継承。 Xシリーズの原点である”X100″から受け継がれる、 レリーズボタンを囲むように配置された質感高い金属削り出しのシャッタースピードダイヤルと露出補正ダイヤルは、 外周部に深いローレットを刻むことで確かな操作性と安心感を与えてくれます。

Built-In ISOダイヤル

シャッタースピードダイヤル内部にISOダイヤルを内蔵した、往年のフィルムカメラを彷彿させる機構。 ダイヤルの外周部を持ち上げて回すことで、小窓の中の数字を見ながらISO感度を設定できます。 ISOダイヤルを「A」ポジションに合わせ、カメラのメニュー内の感度ダイヤル設定を“コマンド”へ切り替えると、ボディ前面のコマンドダイヤルの操作ひとつでISO感度を素早く設定することができます。

±5段の露出補正が可能な「C」ポジション

指掛りの良いローレットが外周部に刻まれた露出補正ダイヤルでは、1/3ステップずつ±3段の補正をおこなうことができます。 ダイヤルを「C」ポジションに合わせると、ボディ前面のフロントコマンドダイヤル操作での±5 段の露出補正を可能とし、 ファインダーを覗きながら狙ったシーンを逃すことなく、リアルタイムでの意図した作品作りをサポートします。

右手ですべての操作をおこなえる背面ボタンレイアウト

液晶モニターをすっきりとデザインの中に収めたボディ背面。撮影中に頻繁に使う操作系は、すべて親指で素早く操作することができるよう、モニターの右手側に集約。 これにより、しっかりとカメラをホールドしたまま、被写体に集中した状態ですべての操作を可能とします。

素早くフォーカスエリアを変更できる「フォーカスレバー」

「フォーカスレバー」 レンズ一体型のXシリーズとして初めて「フォーカスレバー」を採用。 縦・横・斜めと8方向に動くレバーによって、フレーミングした姿勢のまま素早くAFポイントを移動させることができます。

最近閲覧した製品