This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

カスタマイズ

撮影スタイルや好みに応じてカメラ操作をカスタマイズできる機能を数多く搭載。思い通りのカメラ操作で貴重なシャッターチャンスを逃すことなく捉えることができます。

■C1-C4ポジション

天面のモードダイヤルには[C1]〜[C4]のカスタムポジションが配置されています。画質設定、フォーカス設定、撮影設定の設定値をそれぞれ保存することができ、撮影シーンや用途に応じて使い分けることができます。[C1]ポジションは動きの速い被写体を捉える為に高速連写、フォーカスもコンティニュアスAFに予め設定、[C2]ポジションは被写体を邪魔しないようにシャッター音の鳴らない電子シャッター(ES)に設定するなど、思い通りの設定をそれぞれのポジションに記憶し、瞬時に呼び出すことが可能です。

■Qメニュー

天面には「Q(クリックメニュー)ボタン」を配置。フォーカスモードや顔検出/瞳AF設定など頻繁に変更したいメニューを最大16個まで瞬時に呼び出し、設定の変更が可能です。Q(クイックメニュー)ボタンで呼び出すメニューの数は4/8/12/16個の4パターンから選ぶことができます。クイックメニューを呼び出している時も背景では被写体が表示された状態を維持できるので、しっかりと被写体を見て設定変更の効果を確認したい場合は4個に設定しておくなど、好みに応じてカスタマイズできます。

■Fnボタン

FnボタンやFn(ファンクション)ダイヤルの他、動画撮影ボタン、Q(クイックメニュー)ボタン、ISOボタン、AEL(AEロック)ボタン、AFONボタンなどを任意のメニューの呼び出しボタン(ダイヤル)に変更することが可能です。各ボタン(ダイヤル)の変更は、背面のDISP/BACKボタンの長押しでの呼び出し、またはセットアップメニューの操作ボタン・ダイヤル設定から行うことができます。

タッチ操作

スマートフォンのような直感的な操作を可能とするタッチパネル機能も搭載。タッチしたエリアにフォーカスを合わせて撮影まで行うタッチショット、タッチしたエリアにフォーカスを合わせられるタッチAF、タッチしたエリアにフォーカス枠を移動できるエリア選択など、撮影時にも使用できます。また、上下左右方向へのスワイプで任意のメニューを呼び出すことも可能です*。再生画面では、撮影した写真の拡大・縮小を行うこともできます。
*デフォルトではOFFとなっています。ONにするにはセットアップメニュー>操作ボタン・ダイヤル設定>タッチパネル設定>タッチファンクションをONにしてください。

無線通信

Bluetoothや無線LAN(Wi-Fi)を使用し、スマートフォンへの画像送信やinstax SHAREプリンターなどとの接続が可能です。撮影した写真をSNSに投稿したり、気に入った一枚を瞬時にプリントしたりすることができます。

■スマートフォン連携

スマートフォンやタブレット用のアプリケーションとして無償で提供されている「FUJIFILM Camera Remote」を使うことで、撮影画像をスマートフォン(タブレット)に送信できる他、スマートフォン(タブレット)で取得した位置情報をカメラへ送信したり、スマートフォン(タブレット)から遠隔でカメラを操作してシャッターを切ったりすることが出来ます。なお、送信する画像サイズを3Mに圧縮することができます*。用途に合わせ最適なデータサイズを送信することができるので、スマートフォン(タブレット)のデータ容量を節約することが可能です。
*デフォルトではOFFとなっています。ONにするにはセットアップメニュー>接続設定>共通設定>スマートフォン送信時3M圧縮をONにしてください。

また、Bluetoothでカメラとスマートフォン(タブレット)をペアリングすることで、撮影画像の転送予約や使用しているカメラの新しいファームウエアが更新された際に通知を受け取ることができ、ファームウエアのダウンロードを行うことも可能です。

■instaxプリンター連携

直接または「FUJIFILM Camera Remote」を介して instax SHAREプリンターなど、当社製品と無線接続が可能です。X-S10で撮影した高いクオリティの写真を、カードサイズのinstax mini(チェキ)にプリントすることが出来ます。撮影したその場で被写体の人物にプレゼントしたり、旅先でアルバムを作ったりすることで撮影後の楽しみを拡げられます。

有線通信

Bluetoothや無線LAN(Wi-Fi)での無線通信に加え、同梱のUSBケーブルを使用してスマートフォン/タブレット/パソコンへの画像送信やWEB会議時のウェブカメラとして FUJIFILM X-S10を使うことが可能です。

■スマートフォン連携

有線接続によってスマートフォン/タブレット/パソコンにデータを通信することが出来ます。無線通信時と比較し、約5〜8倍の通信速度で安定してデータを送ることができる為、一度に大量の写真を送信する際やデータサイズの大きい動画を送信する際に便利です。「FUJIFILM Camera Remote」といったアプリケーションは不要ですが、カメラのセットアップメニューで「USB給電設定」をOFFに設定しておく必要があります。

■WEBCAM

無償ソフトウェア「FUJIFILM X Webcam」をインストールしたパソコンとUSBケーブルで接続することで、FUJIFILM X-S10をウェブカメラとして使うことが出来ます。フィルムシミュレーションなど、富士フイルム独自の色調表現を使用でき、手軽に高画質なオンラインミーティングを設営できます。

最近閲覧した製品