富士フイルムのノウハウを
注ぎ込んだ
18種類の
フィルムシミュレーション

1934年にフィルムの生産開発を始めて以来、富士フイルムは色の研究を絶えず続けてきました。風景やスタジオなどでプロ写真家からも愛用された数々のポジフィルム、数多くの名作の色を手がけた映画用フィルム、撮影を容易にし一般家庭に写真を広く浸透させることに貢献したネガフィルムなど、これまでに富士フイルムが提供してきたフィルムのバリエーションは多岐にわたります。それらを開発、生産した色のノウハウは全て富士フイルムに蓄積されており、デジタル化が進んだ現在も当社ミラーレスデジタルカメラXシリーズ/GFXシリーズに18種類もの「フィルムシミュレーション」として搭載され、撮影者の表現を支えております。「フィルムシミュレーション」は、フィルムの思想を継承し、デジタル技術で絶えず進化してきたカラープロファイルです。例えば、「ソフト」とされる「ASTIA」も単純に発色を抑え落ち着いた色彩にしている訳ではなく、”肌色”の表現など一部の色に限って柔らかさを持たせているだけで、適度な彩度と硬さを残すメリハリのあるフィルムシミュレーションです。他のフィルムシミュレーションも同様に、それぞれ一言では言い表しきれない個性を秘めております。

PROVIA/スタンダード

PROVIA/スタンダード

Velvia/ビビッド

Velvia/ビビッド

ASTIA/ソフト

ASTIA/ソフト

クラシッククローム

クラシッククローム

PRO Neg. Hi

PRO Neg. Hi

PRO Neg. Std

PRO Neg. Std

クラシックネガ

クラシックネガ

ETERNA/シネマ

ETERNA/シネマ

ETERNA ブリーチバイパス

ETERNA ブリーチバイパス

ACROS

ACROS

モノクロ

モノクロ

セピア

セピア

© Prasit Limpasatirakit

PROVIA/スタンダード

自然な色再現で幅広く活用できる標準的な階調と発色が特徴です。普段の撮影や見た目通りの自然な描写をお求めの際にご利用ください。

Velvia/ビビッド

メリハリのある階調と鮮やかな発色が特徴です。例えば、青空をより青く、夕焼けをより赤く、花の色をより鮮やかに表現したいときになどに最適です。

ASTIA/ソフト

肌色の自然な階調と発色を持ち人物の撮影に適しています。また、霧や雨の中などしっとりとした風景の描写にもご利用いただけます。

クラシッククローム

特定のフィルムではなく、グラフジャーナリズム全盛期の雑誌や、ドキュメントタッチの写真集に“印刷されたイメージ”を徹底的に見つめることから画質を設計しました。今までの絵づくりとは明らかに違う、僅かに渋みを含んだ色彩とシリアスな階調。単なる事実を写した画像ではなく、撮影者の視座や思いが込められた写真へ。新フィルムシミュレーション「クラシッククローム」が、写真表現の領域を拡げます。

PRO Neg. Hi

スタジオ撮影にも対応する、ポートレートに適した“プロ用カラー ネガフィルム”モードです。メリハリ感のある階調でやや鮮やかな色彩。ポートレート撮影のほか、コマーシャルフォトや建築写真などにも最適です。

PRO Neg. Std

スタジオ撮影にも対応する、ポートレートに適した“プロ用カラー ネガフィルム”モードです。柔らかな階調でキメの細かい肌色の描写。スタジオポートレート向き。

クラシックネガ

スナップ撮影などで愛用されてきたカラーネガフィルムをもとに画質設計を行ったモードで、高いコントラストによる立体感溢れる表現を可能とします。

ETERNA/シネマ

映画用撮影フィルム(ETERNA)を再現した動画撮影に適したフィルムシミュレーションです。落ち着いた発色と豊かなシャドウトーンが特徴です。

ETERNA ブリーチバイパス

彩度は低く抑えられつつもコントラストのある仕上がりの絵は、フィルム時代から多くの写真家や映像作家に支持されていた”銀残し”のフィルム現像技法を忠実に再現。表現の選択肢を更に広げます。画質設定の「ハイライトトーン」と「シャドウトーン」をプラス側に、「カラー」をマイナス側に設定すると、銀を多く残したような風合いを再現できます。

ACROS

超微粒子で知られる白黒フィルム「ACROS」の名を冠したフィルムシミュレーション。より滑らかな階調、引き締まった黒、美しい質感再現が特徴。一般的な白黒モードとは一線を画する超高画質な黒白写真表現が可能です。

モノクロ

モノクロ写真のモードです。通常のモノクロに加えて、コントラストを高める「イエロー(Ye)フィルター」「レッド(R)フィルター」、緑色を明るく・赤色を濃く表現する「グリーン(G)フィルター」を使ったように表現意図に合わせた画質調整が可能です。

セピア

時間が経ち色あせた写真を再現したモードです。レトロ感やノスタルジックな雰囲気を演出したい場合に適しています。

イメージしている仕上がりに近づける調整パラメーター

フィルムシミュレーションと組み合わせ、複数パラメーターを調整することでイメージしている仕上がりに近づけることができます。フィルムで撮影したかのような粒状を質感として加えたい。青空や植物などに深みを与えたい。シャドウ部にも質感を残したい。用意された複数のパラメーターを自在に調整することで、完成度の高いフィルムシミュレーションにオリジナリティを加え、表現に幅を与えてくれます。撮影時からビューファインダーや液晶モニターを通して、被写体をイメージ通りに捉えられる為、創作意欲が高まる他、新たな気づきもあるかもしれません。また、撮影後の現像時間を大幅に短縮できるので、被写体としっかり向き合う時間を確保でき、アウトプットを増やすことも可能です。

■グレイン・エフェクト

写真全体に自然な粒状感を加えることでフィルム調の風合いを手軽に演出できます。
エフェクトの強弱に加えて粒度の大小を調整することができ、作品に程よい質感が加えられます。

OFF

ON

■カラークローム・エフェクト(ブルー)

作品に深みと奥行き、自然な鮮やかさを加えることができます。
赤、黄、緑など彩度が高く、階調が出にくい部分に深みを加えられる「カラークロームエフェクト」と、
青に特化した「カラークローム ブルー」がそれぞれOFFを含めた3段階で設定することができます。

OFF

ON

■トーン調整

ハイライトとシャドウのトーンをそれぞれ13段階で調整することができます。撮影の段階で思い通りの明暗差に設定することができ、フィルムシミュレーションや他のパラメーターの調整と組み合わせることで、撮影後の現像時間を大幅に短縮できます。

■明瞭度

階調を保持したまま印象を11段階コントロールできます。明瞭度を調整することで、シャキッとしたメリハリのある描写やふんわりと柔らかい印象の描写が得られます。

-5 SOFT

+5 CLEAR

■ホワイトバランス(AWB)

オートWB設定時も含め、微調整を行うことができます。オートWBは「AUTO」「 ホワイト優先」「 雰囲気優先」の3種類から設定可能。白熱電球下で「ホワイト優先」に設定した場合は、白色が再現されやすくなります。一方で「雰囲気優先」が設定されている場合は、より温かみのある雰囲気を残すことができます。フィルムシミュレーションに加え、ホワイトバランスでも色を調整することで、撮影する瞬間からよりイメージに近い色で被写体と捉えながら、撮影に挑むことができます。

■モノクローム・カラー

黒白だけがモノクロではありません。 WARM/COOLとマゼンタ/グリーンのマトリクスから好みのキーカラーを選択することができ、色とりどりのモノクロの世界で表現することができます。

AUTO/SP

AUTO/SPでの撮影時も多彩なフィルムシミュレーションを選ぶことができます。設定の変更が間に合わないような状況でカメラのAUTO機能に頼りたい時も好みのフィルムシミュレーションで瞬間を切り取ることが可能です。

AUTO画質改善

AUTO/SP撮影時の画質が最新技術でさらに向上しました。風景はより明瞭で鮮やかに、ポートレートは背景の青空や自然を際立たせながら人も美しく、逆光シーンも白飛び黒潰れしにくいなど、あらゆるシーンでより美しく印象的な写真がカメラのAUTO機能で撮影できます。
*シーンによっては、画像処理のため保存に時間がかかる場合があります。

フィルター

フィルムシミュレーションとは別に、トイカメラ、ハイキー、ダイナミックトーンなど13ものフィルターを使っての撮影が可能です。

Toy Camera

Low Key

Miniature

Pop Color

Soft focus

フォトグラファーによる作品、インタビューをご公開中

最近閲覧した製品