80年以上にわたるフィルム製造で培った 「写真表現」へのこだわり

フィルム製造メーカーとして、80年以上にわたり「写真画質」を研究し尽くしてきた富士フイルム。 培ってきた技術力、受け継がれる理念なくして生み出せない色再現性と階調再現は、被写体の質感と立体感を際立たせ、漂う空気感をも伝える。 解像力だけでは測れない、フィルムが持っていた表現力が、X-Pro2には息づいている。

X-Trans CMOS III

卓越した画質を生む、新開発センサー初搭載

Xシリーズでは最大となる2430万画素新開発APS-Cセンサー「X-Trans™ CMOS III」を初搭載。 XFレンズとの組み合わせで、実際の画素数を上回る解像感を実現しています。 また、位相差画素の配置エリアを拡大したことで高速・高精度な位相差AFがより広い範囲で使えるようになったほか、 画素数を大幅に増加させつつもさらなるノイズ低減を実現し、拡張感度域であったISO12800を標準感度として使用できるレベルまで高感度性能を改善しています。

従来比約2倍の読み出し速度を実現し、高速連写、高精度AF追従性能、高速スルー画表示、より高画質な動画性能などを実現。

  1. マイクロレンズ
  2. X-Transカラーフィルター
  3. 遮光層
  4. 位相差画素
  5. フォトダイオード

X-Processor Pro

高速化と画像処理能力に長けた新エンジン

画像処理エンジンは新開発の「X-Processor Pro」。従来の約4倍の処理速度を誇ります。 「X-Trans™ CMOSⅢ」の能力を最大限に引き出し、超高画質を実現すると同時に、あらゆるレスポンスを高速化。 また、センサーの高速読み出し技術との連携により、EVFのライブビュー表示スピードを従来の54fpsから最速85fps*1 へ向上させ、動体撮影時の残像現象を極限まで低減しています。 またレリーズ後のブラックアウト時間も従来機の約半分に短縮。圧縮RAWにも対応し、RAWデータの扱いやすさも向上しています。

高速処理を実現した新CPUを搭載。 内蔵メモリも増大させ、さらなる高レスポンスを実現しています。

AF速度

0.06秒.*2

起動時間

0.4秒.*3

撮影間隔

0.25秒.*4

シャッタータイムラグ

0.05

色再現の根幹「フィルムシミュレーション」

フィルム製造を通して培った色作りの哲学を注ぎ込んだフィルムシミュレーションは、被写体や撮影シーン、表現意図などに合わせて豊かな色再現と階調再現を、まるでフィルムを交換するような感覚で使い分けることが出来ます。 「PROVIA/スタンダード」「Velvia/ビビッド」「ASTIA/ソフト」など、全15種を搭載。

ACROS

超微粒子で知られる白黒フィルム「ACROS」の名を冠した新フィルムシミュレーション。 より滑らかな階調、引き締まった黒、美しい質感再現が特徴。 一般的な白黒モードとは一線を画する超高画質な黒白写真表現が可能です。

グレイン・エフェクト

フィルム写真が持つ独特の粒状感を再現する機能。 「強」「弱」の2段階から効果を設定でき、全てのフィルムシミュレーションと併用できます。 RAWデータからカメラ内RAW現像で付加することも可能。

圧縮RAW

ロスレス圧縮RAW ファイルによる記録方式の採用、ライブビューの高速化、動画のさらなる高精細化など、プロ写真家の高い要求に応えられる機能や性能を実現しています。

NOTES

*1 ハイパフォーマンスモードON時。

*2 CIPAガイドライン準拠、内部測定方法、ハイパフォーマンスON時。フジノンレンズ「XF16-55mmF2.8 R LM WR」装着時。

*3 ハイパフォーマンスモードON時。 XF27mmF2.8装着時。

*4 MFモード時。

最近閲覧した製品