This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

Ruud van der Lubben (Netherlands)

フィルム時代から長いキャリアを持つ写真家。2006年からは、オランダを拠点にフリーランスとして活動している。オランダの大手新聞に彼の写真が定期的に掲載されている。 近年は、写真機材の販売・広告会社にも勤めている。 近年は、ストリートフォトとトラベルをメインの活動エリアとして、ワークショップなども開催する。ジャンルにあったコンパクトなシステムへと切り替え、現在はX-T1とXマウントレンズをメインシステムとして活用している。 フィルム時代から長いキャリアを持つ写真家。2006年からは、オランダを拠点にフリーランスとして活動している。オランダの大手新聞に彼の写真が定期的に掲載されている。 近年は、写真機材の販売・広告会社にも勤めている。 近年は、ストリートフォトとトラベルをメインの活動エリアとして、ワークショップなども開催する。ジャンルにあったコンパクトなシステムへと切り替え、現在はX-T1とXマウントレンズをメインシステムとして活用している。

コメント

長年一眼レフでスポーツと報道の分野で主に活動をしていたものの, 2014年を境にどんどんと仕事がなくなっていった。写真が好きになったきっかけであるストリートフォトでの活動をメインにすることを決意する。そうして、小さくて素早いカメラを探し求めることになる。いくつかのブランドを試したあとにX-T1と出会い、これだ!と瞬時に悟る。フルサイズの一眼レフを売り払い、代わりにX-T1の2台と数本のレンズを購入。それ以来、フランス、イタリア、ギリシャ、イギリス、インド、ネパール、ブータンなどなどX-T1と共に旅に出る。もう一眼レフが恋しいなど思うことは無い。

使用機材

ギャラリー