This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

Javier Abad

写真に興味を持ったきっかけは大学時代、卒業アルバムを撮影したことにさかのぼる。だが、本当に撮影したいものはスポーツ特にスノーボードであると悟る。 1999年から2000年の間、Surfer RuleやSolo Nive、Solo Snowboard、Snow Planetなど数々の国際的出版物に携わる。 ナイキ、Quicksilver、Nitro Snowboardなどのブランドの仕事もこなす。 2006年から2009年までSpotmagのPhotographic editorとして働く。2007年にはフォトグラファー集団"Cazadores de Luz"に参加。Steve McCurryに序文を執筆された “Cazadores de Luz: Las mejores fotografías de los grandes fotógrafos españoles”などを出版。

TESTIMONIAL

X-T1が発表されたとき、このカメラをいずれか試さなければならないと思った。UnionwepのAndres Parroを通して、スペインの富士フイルムと2014年11月にコンタクトをとり、カメラを借りる。2015年2月、"X-T1の体験"について、BodaF Euorpe2015の集会で発表。 それ以来、2台のX-T1とXF23mm、35mmF1.4、56mmF1.2だけで仕事をしている。2015年は、31件のウェディングをこれらの機材でこなし、フルの性能を知ることができた。 写真家仲間からXシステムについて多くの質問を受けている。そこで、私の体験談をもとに“¿Es válida la XT1 para una boda? Pruebas, dudas y respuestas con boda completa”を執筆。スペインの有力な婚礼写真家のほとんどが見るUnionwepのブログで公開。 http://www.unionwep.com/es-valida-la-xt1-para-una-boda-pruebas-dudas-y-respuestas-con-boda-completa/ 英語版も個人のサイトで公開。 http://f2studio.es/en/review-de-la-fujifilm-xt1/ 個人的な意見を言うと、X-T1の良いところは ・軽さ ・EVF ・チルト式スクリーン ・目立たなくて、静かなところ ・コンパクトながら高性能なレンズ 改善の余地があるところは、 ・フォーカス性能 ・ジョイスティック ・バッテリー寿命 ・ISO性能 2016年からもXシリーズを使い続けるだろう。X-T1を去年使い続けた今は、一眼レフに戻ることは考えられない。

GALLERIES