This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

Jacques Borgetto

パリ生まれ。 幼い頃から写真に傾倒し、旅行には常にローライフレックスのカメラを携帯。写真撮影を学んだ後、さまざまな写真家の助手を務め、自身の芸術作品を追求しながら、アートワークカタログの出版社ともコラボレート。 「Rencontres Internationales de la Photographie d'Arles」に選ばれ、Bernard PlossuおよびBernard Descampsとともに若手写真家の写真展に参加。 Musée Reatu du MansやエクサンプロバンスのMaison de la Culture de Sensをはじめ、さまざまなアートギャラリーで写真展を開催。1984年には「l'Homme et l'Olivier」と題した写真集を発行した。彼の写真は、Bibliothéque NationaleやMusée Reatu du Mansのコレクションに所蔵されている。 1986年、家族とともに南フランスに移住し、地方評議会で働く一方で、子供向けの写真撮影講習会を開講。 2002年、パリに生活拠点を戻し、その後、ヨーロッパ、南アフリカ、そして主にアルゼンチンとチリを旅した。 現在は、中国とチベット高地の遊牧民居住地に関するプロジェクトに取り組んでいる。 2006年以降、フランスに戻る。 ―写真展: Promenades Photographiques de Vendôme, Festival international du film sud américain à Biarritz Sélection officielle du Mois de la Photo à Paris Paris Photo  Rencontre Internationales d'Arles, 60 ans de Picto Nature Humaine à Leblanc  Résidence au château de Maison Laffite « Terres foulées » Nuits photographiques de Pierrevert Galerie Françoise Paviot Espace photographique de l'Hôtel de Sauroy ―Filigranes editionsを通して執筆した本: - L'autre versant du Monde - Nous avons fait un très beau voyage - Terres foulées. ―写真集: Caméra De L'air Photographies nouvelles Réponse photo