This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

Georgios Delimosis (Greece)

1982年、ギリシャ北部・ドラマ市に生まれる。ギリシャを拠点に活動しているが、ワールドワイドでの活動を視野に入れている。 芸術との出会いは、8歳の頃絵を画き始めた頃にさかのぼる。目の前に新世界が拡がり、それ以来、絵画は欠かせない私の一部分となっている。
画家として、国内の賞を獲得し、ニューヨークのSeeme GalleryやマイアミのArt Scopeなどで展示された経歴も持つ。画を写真と融合して新たな物を生み出そうと考えたとき、写真の世界に引き込まれていった。2015年12月に、写真家として初めて自身の作品がロサンゼルスの雑誌に採用された。 現在は、芸術、環境、グラマー、ポートレートの撮影に活動領域を広げ、自然光を生かした作品を創りだしている。ドアから一歩踏み出せば、そこは全てスタジオだ。

TESTIMONIAL

X-T1の広告を見たときから気になって仕方がなかった。デザインに惹かれたのがきっかけだけど、このカメラについて色々と調べて行くうちに、他の魅力にも気づき、購入する以外この気持ちを抑えることができなかった! それが、7か月前。今では、このカメラは、私の手の一部となっている。 18-55mmF2.8-4のキットレンズは、今市場で買えるもっとも優れたキットレンズだ。ほんの数か月で35mmF1.4、23mmとだんだんとレンズも増えてきた。写真の撮り方も変わってくるし、楽しみも変わってくる。私の写真、そのすべてが変わったといっても過言ではない。私の作品のそのほとんどは、23mmで撮っている。結婚式や、ファッション、コマーシャルすべてだ。さあ、これからもっとほかのレンズも試してみよう!

GALLERIES