2022.09.09

「FUJIFILM X-H2」新発売

新開発の約4020万画素「X-Trans™ CMOS 5 HR」センサーを搭載し「Xシリーズ」史上最高画質を実現 高画素を生かした写真撮影と8K/30Pの映像撮影が可能

富士フイルム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長・CEO:後藤 禎一)は、独自の色再現技術による卓越した画質と小型軽量を実現する「Xシリーズ」の最新モデルとして、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-H2」を2022年9月29日より発売します。 「X-H2」は、新開発の裏面照射型約4020万画素「X-Trans™ CMOS 5 HR」※1センサーと、高速画像処理エンジン「X-Processor 5」を搭載し、「Xシリーズ」史上最高画質を実現したフラッグシップモデルです。高画素を生かしたハイクオリティな写真のみならず、高精細な8K/30Pの映像を撮影可能。「Xシリーズ」の静止画・動画撮影の領域をさらに拡大し、幅広いニーズに応えます。

「X-H2」は、約4020万画素のAPS-Cサイズセンサーを新たに採用し、圧倒的な解像力を生かした静止画・動画撮影が可能なミラーレスデジタルカメラです。最速1/180000秒のシャッタースピードやISO125の常用感度を実現しているため、写真の撮影領域を拡大します。また、4倍の解像力と忠実な色再現による撮影が可能な「ピクセルシフトマルチショット」と肌のレタッチを自動で行う「スムーススキンエフェクト」を「Xシリーズ」として初めて搭載。約1.6億画素の画像や滑らかな肌の画像を生成することが可能です。AIによる高精度なオートホワイトバランスも実現し、ハイクオリティな写真の撮影をお楽しみいただけます。 「X-H2」は、APS-Cサイズセンサーを採用したミラーレスデジタルカメラで初めて※2となる8K/30Pの動画撮影に対応。高解像な映像を記録することが可能です。このほか、動物や鳥をAIで検出できる被写体検出AFや5軸・最大7.0段※3のボディ内手ブレ補正機構を搭載するなど、幅広いシーンで高画質撮影をサポートします。

当社は、本年7月に、最速40コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写※4を実現し動体撮影に適した、「Xシリーズ」のフラッグシップモデル「FUJIFILM X-H2S」(以下、「X-H2S」)を発売しました。今後、「X-H2S」に「X-H2」を加えたダブルフラッグシップモデルの展開で、写真家や映像クリエイターなどの幅広いニーズに応えていきます。

※1 X-TransTMは、富士フイルム(株)の商標または登録商標です。
※2 2022年9月9日時点。当社調べ。
※3 「フジノンレンズ XF35mmF1.4 R」装着時。
※4 撮影後にファインダーが暗転することで被写体が見えなくなるブラックアウトが発生しない高速連写。電子シャッター設定時のみ使用可能。