This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

2020.09.03

FUJINON XF50mmF1.0 R WR 新発売

大口径F1.0に史上初(*1)のオートフォーカス機能を搭載
「フジノンレンズ XF50mmF1.0 R WR」
なめらかで美しいボケ味と、オートフォーカスによる正確なピント合わせを両立した実用性の高いポートレートレンズ

 

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズの35本目のラインアップとして、ミラーレス用レンズで史上初(*1)F値1.0の明るさと、オートフォーカス機能を搭載した「フジノンレンズ XF50mmF1.0 R WR」(以下、「XF50mmF1.0 R WR」)を2020年9月24日に発売します。

「XF50mmF1.0 R WR」は、ポートレート撮影に適した中望遠50mm(35mm判換算:76mm相当)の焦点距離で、当社交換レンズの中で最も明るい開放F値1.0の明るさを実現し、オートフォーカス駆動に対応可能な単焦点レンズとなります。

小型軽量のXマウントシステムを活かした設計により、大口径F値1.0の明るさを誇りながらもサイズ・重量を抑え、且つ防塵防滴機能を搭載したことで、携帯性とハンドリングにも配慮しています。F値1.0の生み出す美しく滑らかなボケ味に加えて、正確なオートフォーカス、携帯性を兼ね備えた実用性の高い大口径レンズとして、ポートレート撮影の表現の幅を更に広げる唯一無二のレンズとなります。

*1 ミラーレスデジタルカメラ用交換レンズとして。2020年9月3日時点。当社調べ。