This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

2020.05.11

FUJIFILM X100Vの連続使用時における温度上昇について

2020年4月3日
2020年5月11日更新
富士フイルム株式会社

お客さま各位

平素は富士フイルム製品をご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。

X100Vは連続でのご使用(連続した動画撮影など)や高温環境や直射日光が当たる場所でご使用になられると、電子回路や電池の放熱のため、グリップ部が手で触って熱いと感じる程度になる場合がありますが性能上問題はありません。
X100V(ファームウエアVer.1.00)では、カメラ本体の温度が上昇すると黄色いアイコンの温度警告が表示されて、その後さらに温度が上昇すると赤いアイコンの温度警告が表示されて自動的に停止します。

このような場合には、しばらく電源を切り、温度が下がってからのご使用をお勧めします。
また、動画撮影など連続してご使用になる場合、カメラのグリップ部に触れ続けると低温やけどの原因になる場合があります。

特に以下の場合は三脚やジンバル(動画撮影時)などをご使用することをお勧めします。
・気温の高い環境でご使用になる場合
・血行の悪い方、皮膚感覚の弱い方などがご使用になる場合

なお、X100Vのファームウエア更新(バージョン1.10)により、新たに「自動電源OFF温度」機能を追加しました。手持ちで撮影し続ける場合は、「自動電源OFF温度」を「標準」モードにしてご使用することをお勧めします。
下記よりダウンロードしてご使用ください。
FUJIFILM X100Vファームウエアの更新

大変ご心配おかけしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
富士フイルム デジタルカメラサポートセンター
TEL 050-3786-1060 FAX:050-3786-2060
受付時間:9:30~17:30(月~金)/10:00~17:00(土・日・祝)※年末年始を除く