イギリス出身のシネマトグラファーRichard BlanshardがX-T2の4K動画を検証

X-T2で4K動画が撮影できることは皆ご存じだろう。だけど、その実力について知っているだろうか?イギリス出身のシネマトグラファーRichard Blanshard氏に、普段の撮影で使うようにX-T2を使って撮影検証を依頼してみた。下記の動画が、その結果だ。撮って出しのクオリティで、撮影後の編集は一切していない。X-T2を使ってみてRichard氏が、どのように感じたのか彼のインプレッションをご覧いただきたい。

X-T2の最新ファームウエアは無償でこちらからダウンロードいただけます。最新のバージョンにアップデートすることで、カメラの性能が最大限発揮できるようになります。

シネマトグラファーについて

数多くの受賞歴を持つイギリス出身のシネマトグラファー。関わった作品を上げるとThe Saint、Porridge、Little Buddha、Let Him Have It、Return of Oz、Mission Impossible、The Dark Crystal、Equilibriumなどがある。最近はドキュメンタリー動画の撮影監督として活動領域を広げている。


ホーム X Stories イギリス出身のシネマトグラファーRichard BlanshardがX-T2の4K動画を検証
© FUJIFILM Corporation