X-T2とコンサート撮影

X-T2 and XF10-24mmF4 R OIS
X-T2 & XF10-24mmF4 R OIS

6月末、デンマーク北部に位置するユトランド半島で開かれたNibe festivalというフェスへ、オフィシャルカメラマンとして旅立った。これは、ステージで常に変化するライティングをX-T2がどのように捉えるか試す事ができる絶好の機会でもあった。

この仕事に使ったカメラは、X-T2とX-Pro2。レンズは、主にXF10-24mmF4 R OISとXF50-140mmF2.8 R LM OIS WRを用いた。

X-T2 and XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 and XF10-24mmF4 R OIS
X-T2 & XF10-24mmF4 R OIS

ミュージシャンは、ステージ上でとてもエネルギッシュに動き回る。彼らをステージ上で追いかけるのは容易なことではない。気まぐれに動くので、追いかけるのも大変だし、ステージ上にある障害物がピントの邪魔をするので気を付けなければいけない。あらゆるフォトジェニックな出来事が次々に訪れるが、そんな瞬間を捉えるには、X-T2をAF-Cカスタム設定の「SET 5 激しい動きに強い」に切り替えれば簡単になことだ。ピントは、常にあっていた。3コマ/秒の低速連写に設定したが、とても満足のいく結果だった。X-T2は、とても頼りになるカメラだった。

X-T2 & XF16mmF1.4 R WR
X-T2 & XF16mmF1.4 R WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF10-24mmF4 R OIS
X-T2 & XF10-24mmF4 R OIS
X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR
X-T2 & XF16-55mmF2.8 R LM WR

新しいX-Trans IIIセンサーの描写と色再現をとても気に入っている。カラフルなステージライティングは、迷光によって肌の色合いをマゼンタ寄りにする傾向がある。だが、X-Transセンサーは、迷光に影響されることはないようで、肌の色合いがとても良好だ。そのおかげで、撮影後のレタッチも必要最小限で済んだ。コンサート終了後、急いで画像をメディア用のサーバーにアップロードしなければならなかったので、とても助かった。見た目通りの肌の色合いを、撮って出しの画像で再現できるので、私のワークフローはとても速く効率的だ。

X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
 

その他にとても活躍したのは、チルト式液晶モニターだ。ステージ手前から構図を考えなら撮影することができる。盲目にシャッターを切る必要がなくなった。特に今回は、XF10-24mmを縦位置に構えて撮影することが多かった。

X-T2 & XF10-24mmF4 R OIS
X-T2 & XF10-24mmF4 R OIS
X-T2 & XF10-24mmF4 R OIS
X-T2 & XF10-24mmF4 R OIS

観客の中に混じりこんで、頭の上にカメラを構えて撮影することもとても簡単だ。小さなカメラなので、一日中手を挙げて撮影しても疲れることもなかった。

X-T2 & XF10-24mmF4 R OIS
X-T2 & XF10-24mmF4 R OIS
X-T2 & XF10-24mmF4 R OIS
X-T2 & XF10-24mmF4 R OIS

X-T2は、自由自在にその姿を変化する。それも、このカメラの面白いところだ。XF50-140mmを装着すれば、ステージアクトを捉える存在感あふれるプレス向けなプロ用カメラになる。XF35mmを装着すれば、あっという間に目立たないルポ用カメラへと変化を遂げる。おかげで、35mmのレンズを付けているとオフィシャルカメラマンと思われないので、観客のキャンディッドな瞬間を何枚も撮ることができた。

X-T2は、要求の多い写真家もきっと満足するだろう。幅広いシーンで使えて、どんな時でも素晴らしい写真を約束してくれる。

X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF10-24mmF4 R OIS
X-T2 & XF10-24mmF4 R OIS
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

写真家について

Jonas Dyhr Rask(1980年)はオルフス大学出身の一般開業医(G.P.)、M.D.であり、写真対して熱い情熱を持っている。

2008年に最初のキヤノンのDSLRで彼は写真家としてのキャリアを開始。それ以降さまざなフィルムカメラや富士フイルムのXシリーズを試した。父がウェディングフォトグラファーカメラマンだったためJonasはカメラに囲まれて育った。

彼の写真撮影の創造的刺激は人間とその環境との交錯から生まれる。医学の学位に直接起因して、彼のストリートフォトグラフィは人を浮き立たせ、焦点を合わせようとし、都市の景観を殺風景で世俗的なコントラストとして使う。この独特な撮影スタイルをウェディングの撮影や子供のポートレートをはじめとしたほかの仕事を請け負うときにも適用している。

自然光だけを用いて、かつ自然のままの撮影アプローチを用いて、彼はデンマークのストリートの生活の実態を干渉や介入なしにありのままを記録しようとしている。

多くの写真をハイコントラストなモノクロで撮影し、被写体や風景の余分な要素となる色を排除し、見る者に物語と情緒を届けようとしている。


ホーム X Stories X-T2とコンサート撮影
© FUJIFILM Corporation