FUJIFILM X30 ファインダー

最高性能のEVFを搭載

当社のフラグシップモデルであるミラーレスカメラ・X-T1の高性能EVF(電子ビューファインダー)は、その表示タイムラグの短さと高精細さ・視野の広さなどから、多くの皆さまより高い評価をいただいています。X30の開発コンセプトは、このハイエンドモデルのX-T1に匹敵するようなファインダーをコンパクトに作り上げ、「覗いて撮る」カメラ本来の楽しさを、より多くの人に体感していただく、というものです。
前モデルのX20は、OVF(光学ファインダー)を搭載していましたが、X30の開発は最高クラスのEVF(電子ファインダー)を搭載することを前提に始めました。

4枚のレンズを使った贅沢な光学設計

X30は、高精細な0.39型/236万画素の最新型有機ELパネルを採用しています。この小さく高精細なパネルの画質をしっかり再現するためにファインダーレンズを新規開発しました。
2枚の非球面レンズを含む4枚構成の贅沢なレンズをとてもコンパクトに仕上げていますが、水平見かけ視界は25度もあり、このサイズのカメラとしてはとても視界が広くなっています。「覗いて撮ってみたい」と思わせるような言葉には表せない魅力を実感していただくためにも、ぜひ手に取って覗いてみていただければと思います。
設計においてはファインダーのタフネス性も重視しました。タフネス性とは、接眼部の目が光軸上から多少ずれたりしても像がゆがんだりブレたりしないようなファインダーの性能のこと。広い視界とタフネス性を両立させるために、設計ではシミュレーションを繰り返し、そして試作機で入念に確認しながら、高精細かつヌケの良いファインダーを実現させました。

OVFを凌駕するための新機能

従来機種のX10・X20に搭載されていたようなレンジファインダースタイルのOVFには、ファインダーで見える像と実際に写る範囲に差が出るパララックス(視差)があります。パララックスは撮影距離が近いほど大きくなる傾向があります。EVFは撮影距離にかかわらずパララックスはありません。またOVFでは撮影後の画像の再生は背面の液晶パネルを使いますが、EVFでは撮影される画像と同じものをファインダーで確認しながら撮ることができます。このようにEVFには多くのメリットがありますが、①見た通りの色や明るさの再現 ②表示ラグ というOVFにかなわない部分もあります。
X30のEVFでは、フラグシップモデルであるX-T1にて採用した「リアルタイム・ビューファインダー」と同じアルゴリズムを搭載することで、ファインダー表示ラグを0.005秒まで短縮しました。これはデジタルカメラに搭載されているEVFで世界最短となります。これに加え、明るさの自動調節機能を新規に開発。明るいところは明るく、暗いところは暗くすることで、自然なファインダー像を再現します。またライブビューのダイナミックレンジを拡大しています。明るい場所も暗い場所でも階調をしっかり残すことで、被写体の情報をファンダー内でしっかり確認することができます。

時代の先を行く新世代のファインダー

前述の通り、フィルムシミューレションや各種フィルターを使って撮影する画像が、撮る前にファインダーで確認できることもEVFの大きな特長です。一方で、OVFのような自然な見え具合で被写体を見たいという要望も以前からユーザーの皆様よりいただいていました。こんなときに、撮影する画像をライブビューに反映しないように切り換えができるモードを加えました。さらにファインダーの彩度の調節ができるモードも加えています。
スナップショットの達人の多くは、ファインダーを覗きながら、もう片方の目でも被写体や周囲の状況を観察しながら撮影します。このような撮影ではX30の設定を変えてOVFのような自然なファインダー像にして、両目を使った本格スナップが楽しめます。
コンパクトカメラでありながらEVFであることを忘れてしまうような圧倒的なリアル感を実現したX30のファインダーで、「覗いて撮る」カメラ本来の楽しさをぜひ体感してください。

星野謙治

光学設計担当:
富士フイルム 光学・電子映像商品開発センター

入江公祐

画質設計担当:
富士フイルム 光学・電子映像商品開発センター

斉藤広樹

光学設計担当:
富士フイルム 光学・電子映像商品開発センター

髙橋宏輔

表示デバイス設計担当:
富士フイルム 光学・電子映像商品開発センター


ホーム X Stories FUJIFILM X30 ファインダー
© FUJIFILM Corporation