FUJIFILM X30 —”覗いて撮る楽しみ”を存分に味わえるデザイン

覗いて撮るための進化

X30 EVF

X30には、高性能なEVFが搭載されており、これはX2桁シリーズとしては初めてのことです。前機種X20の光学ファインダーと異なり、EVFでは視差がなく視野率100%なのでファインダーがより実用的に使えるようになりました。これに加えて、ファインダーを覗きながらカメラを直感的に操作できるよう新たにコントロールリングを搭載し、フォーカスや絞り値設定などのマニュアル操作がより直感的に楽しめるようになりました。今までのズームリングに加えてコントロールリングが鏡筒に実装されることで、操作が煩雑になるのではないかという懸念がありましたが、それぞれのリングの直径を異なるサイズにし、段差を設けることによって、ファインダーを覗いたままリングを見ることなく指先の感触だけでオペレーションすることを可能にしています。

覗いて撮るスタイルの追求

覗いて撮るスタイルを支える要素として、“確実なホールディング”が必要になります。X30ではグリップの素材にラバーを採用し握りやすい3次元的な形状にすることで、よりフィット感が高くホールドしやすいグリップを実現しました。グリップの形状は高精度の3Dプリンターによる実寸の試作を何度も繰り返し、0.1mm単位で調整・検証を行いました。 ファインダー覗いてしっかりカメラを構え、リングを操作しながら撮影する所作が格好よく決まる。そんなスタイルを提供したいという想いでデザインしました。

ワンランク上の精緻感を体現したシャープ&ソリッドなデザイン

X20からデザインを一新し、X30はシャープでソリッドな造形を採用しました。エッジを際立たせることでよりスッキリした印象を狙っています。EVF、コントロールリング、チルト液晶など飛躍的に進化したスペックを表現するために金属を切削加工したようなディティールを採用することで、光学機器としてのワンランク上の精緻感や高性能な道具感を表現しました。例えばフロントから見える2本の垂直に伸びたラインによってボディを小さく凝縮感ある印象を持たせる工夫や、上から見た時の外形を6角形にすることでチルト液晶とボディの形状を調和させる効果も狙っています。ボディと一体感のないチルト液晶では、どうしても電子機器のイメージがぬぐえません。Xシリーズの世界観として“カメラらしさ”をしっかり表現すること、そのためのデザインとは何なのかという点に苦労しました。

Xシリーズの経験値を活かした、機構設計のコンパクト化

X30はコントロールリングとEVFとチルト液晶というデバイスが追加になったぶんサイズアップが見込まれました。これに対し従来と同等サイズに収めていくという目標を設定し、機構設計がどこまで応えられるかという取り組みが外装チームの挑戦でした。これまでの流れでX-M1などでの小型化のメソッドや、X-T1で防滴を施しながら小型化する技術の蓄積があったおかげで、前機種のX20と比較してバッテリーサイズが約2倍と大型化したにもかかわらず、このボディサイズに収めることができました。良いデザインを前提とし、それを崩さないというのが機構設計の第一目標です。全体のシェイプを更に薄く見せるために外装の変更があると、機構もデザインにあわせた位置に最適化すべく設計変更をしています。さまざまな変更があるたびにデザイン、機構設計、開発、企画の担当が密接にディスカッションしていきます。このプロセスが、最終的な製品の完成度を高める糧になるのだと思います。

亀井敬太

プロダクトデザイン: デザインセンター

藤江勝

外装設計:
光学・電子映像商品開発センター

重歳基雄

外装設計:
光学・電子映像商品開発センター

高木正彰

外装設計:
光学・電子映像商品開発センター


ホーム X Stories FUJIFILM X30 デザイン
© FUJIFILM Corporation