FUJIFILM Tether Plug-in PRO -使い方ガイド5

CAMERAモード(カメラ側操作)でのコントロールパネルの使用

  1. CAMERA / PCモード選択ボタン
  2. 接続カメラ名表示
  3. ヒストグラム表示選択バー
  4. ヒストグラム表示
  5. ナビゲーター表示選択バー
  6. ナビゲーター表示
  7. アシストツール表示選択バー
  8. ライブビュー/プレビュー選択ボタン
  9. ズーム設定
  10. 回転表示設定
  11. 情報表示領域
  12. 画像表示領域

※ 接続しているカメラにより表示される内容、機能等は異なります。

カメラ側操作で撮影する場合、コントロールパネルは主に撮影画面を確認する目的で使用できます。
Lightroom プラグインで撮影する場合、転送されてきた画像がLightroom 本体に表示されるまでに一定の時間を要しますが、転送されてきた画像をすぐに確認したい場合などに有効です。

 

CAMERA / PCモード選択ボタン

CAMERAモードからPCモードへ、PCモードからCAMERAモードへ切り替える際に、それぞれのモード選択ボタンをクリックします。

 

ライブビュー/プレビュー選択ボタン

画像表示領域に表示する画像の種類を選択します。CAMERAモードではPREVIEW (プレビュー) のみ選択可能です。PREVIEW (プレビュー)が選択されている状態では、撮影した画像が転送され、順次画像表示領域に表示されます。

 

表示選択バー

ヒストグラム、ナビゲータ、アシストツールなどのツール表示を個別に閉じたり開いたりすることができます。

 

アシストツール表示選択バー

アシストツールを表示します。ツールを選択することで、画像の確認作業をアシストします。

OVERLAY

チェックすると、指定した画像を撮影画像にオーバーレイして表示することができます。画像の透過率、拡大率、回転、表示位置などを変更することもできます。

GUIDELINES

チェックすると、画像表示領域にグリッドとガイドラインを表示します。ガイドラインは表示色を指定したり、マウスドラッグして移動することができます。

OVER/UNDER-EXPOSURE WARNINGS

チェックすると、画像表示領域で白トビ、および黒つぶれを警告表示します。

FUJIFILM Tether Shooting Plug-in PRO

Mac版
Windows版


ホーム X Stories FUJIFILM Tether Plug-in PRO - 使い方ガイド5 -CAMERAモード(カメラ側操作)でのコントロールパネルの使用
© FUJIFILM Corporation