Dave Kai Piper氏が語るXシリーズとの5年間

人間は、全員同じ世界で共存するが、物の捉え方は人それぞれだ。見え方や聞こえ方も一人ひとり違う。内面に秘めた感情や想いを説明するために我々は「もの」を創りだす。歌う人もいれば、絵を画く人もいる。踊る人もいれば、ビジュアルで表現する人もいる。カメラを使って表現する者たちは写真家と呼ばれる。

Dave Kai Piper: X-Pro2 and XF90mmF2 R LM WR
X-Pro2 & XF90mmF2 R LM WR
Dave Kai Piper: X-T1 and XF16-55mmF2.8 R LM WR
X-T1 & XF16-55mmF2.8 R LM WR


私の写真に対する考え方は、きっとあなたと違うだろう。ある写真を見たときに、あなたと私はきっと違うところに目を奪われる。そして、その隣にいる人は、我々とは違った見方で写真を眺めるだろう。いままで人間はずっとそうであったし、これからもずっとそうであるべきだ。

写真家は、イメージを通じて人との繋がりを築く。写真は、撮影者の体験を他の人たちと共有するための入り口だ。当然なことだが、その画を創りだすカメラは、単なる箱ではない。カメラもストーリーには欠かせない要素だ。

Dave Kai Piper: X-Pro2 and XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-Pro2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

 

X-Pro1

初めてX-Pro1を手にした時、このカメラが好きになると確信した。スナップショットに便利でクールなカメラが見つからなくてうんざりして、iPhoneで写真を撮るような写真家にはなりたくなかった時に、このカメラの外観とスタイルが私の目に留まったのだ。北アフリカ、ワシントン、ニューヨークへ旅立つ予定を立てていて、ちゃんとした写真が撮れるカメラが欲しかった。X100でもよかったのかもしれないが、X-Pro1だと3本のレンズを使い分けできるのが魅力的だった。18mmと60mmそして今でもよく使う35mmF1.4の3本だ。写真家は、旅に持っていく機材を選びきれず、毎度荷物が膨大になってしまう。この時私は、D800とサブ機を1台。それとレンズだけが埋め尽くされたバッグを1つを用意して、渡航先へ出発する前に送った。正直なところを言うとフジのカメラは移動中の飛行機と散歩に出るとき以外は使う予定はなかったのだ。だが、事実は異なった。この日以来、フジのカメラで写真を撮らなかった日はないのだから。仕事でもプライベートでも。私の場合、画質が決め手ではなかった。それよりも、カメラボディの形に魅了された。私の撮影スタイルに変化をもたらしてくれた。このカメラを使うと構えずに楽しく撮影に取り組むことができる。

Dave Kai Piper: X-Pro1 and XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
X-Pro1 & XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
Dave Kai Piper: X-Pro1 and XF35mmF1.4 R
X-Pro1 & XF35mmF1.4 R
Dave Kai Piper: X-Pro1 and XF60mmF2.4 R Macro
X-Pro1 & XF60mmF2.4 R Macro

 

X-T1

それから数年後、X-Pro1も使いつつ、X-T1でも撮影するようになっていた。X-T1は素晴らしいカメラだ。だけど、X-Pro1ではない。「このカメラも好きだけど、X-Pro1のほうがもっと好き」とX-T1を初めて試した時に感じたのを覚えている。その当時は、まだD800もフジのカメラと一緒に使っていた、Richard Wanと駅で会うまでは。駅で会った時彼は、黒い箱に入ったX-Pro2を私に渡してくれた。その日以来、X-Pro2だけで撮影をしている。10月以降ニコンで1枚も写真を撮っていない。

Dave Kai Piper: X-T1 and XF16-55mmF2.8 R LM WR
X-T1 & XF16-55mmF2.8 R LM WR
Dave Kai Piper: X-T1 and XF16-55mmF2.8 R LM WR
X-T1 & XF16-55mmF2.8 R LM WR
Dave Kai Piper: X-T1 and XF16-55mmF2.8 R LM WR
X-T1 & XF16-55mmF2.8 R LM WR
Dave Kai Piper: X-T1 and XF16-55mmF2.8 R LM WR
X-T1 & XF16-55mmF2.8 R LM WR
Dave Kai Piper: X-T1 and XF16-55mmF2.8 R LM WR
X-T1 & XF16-55mmF2.8 R LM WR
Dave Kai Piper: X-T1 and XF16-55mmF2.8 R LM WR
X-T1 & XF16-55mmF2.8 R LM WR
Dave Kai Piper: X-T1 and XF16-55mmF2.8 R LM WR
X-T1 & XF16-55mmF2.8 R LM WR
Dave Kai Piper: X-T1 and XF16-55mmF2.8 R LM WR
X-T1 & XF16-55mmF2.8 R LM WR
Dave Kai Piper: X-T1 and XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-T1 and XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

 

X-Pro2

考え方によっては、X-Pro1からX-Pro2への変化は大きくない。新しいコンセプトのカメラでもなければ、デザインも非常に似ている。だが、操作性はすごく向上している。撮影スタイルは同じだが片手ですべてできる。細かいところでチューニングされている。カメラのレスポンスも撮影者の動作と息がぴったりと合う。EVFとハイブリッドビューファインダーからのビューは素晴らしく、クリエイティブになる。高感度とフォーカス性能はもう心配事として考えなくていい。5年前は、ISO5000で撮影するのは最終手段だった。だが、あえてこの設定でライブ中のバンドを撮影したのはほんの数日前の出来事だ。

X-Pro2の根底にはX-Pro1、そしてXシリーズのカメラ全てに受け継がれている思想があると私は考える。富士フイルムは、撮影プロセスにあるさまざまな障害物を取り払い、撮影者に力を与えようとしてくれていると感じる。X-Pro2は、その過程でもっとも進化したカメラであり、小さくてコンパクトなシステムながらプロのニーズにも応えるカメラだ。あらゆる意味でこのカメラは一歩先を進んでいる。だが、過去の資産や伝統を継承してくれていることが喜ばしい。富士フイルムは、顔の見えない会社ではない。もしかしたら、私が交流を持つイギリスの社員がそう感じさせてくれるのかもしれない。ただし、世界各国の写真家と話すとやっぱり、何かがあると感じる。フジのカメラで撮影すると気持ちが良い。なぜなのか?そのマジックは私には見当もつかない。だからこそマジックなのかもしれないが。

Dave Kai Piper: X-Pro2 and XF35mmF1.4 R
X-Pro2 & XF35mmF1.4 R
Dave Kai Piper: X-Pro2 and XF90mmF2 R LM WR
X-Pro2 & XF90mmF2 R LM WR
Dave Kai Piper: X-Pro2 and XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-Pro2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
Dave Kai Piper: X-Pro2 and XF90mmF2 R LM WR
X-Pro2 & XF90mmF2 R LM WR
Dave Kai Piper: X-Pro2 and XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-Pro2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
Dave Kai Piper: X-Pro2 and XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
X-Pro2 & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

写真家について

Dave Kai Piper

X-Pro1で撮影を開始して間もなく、Dave Kai Piperはマラケシュ、ワシントン、ニューヨーク、ロンドンなど多くの都市を訪問。イギリスの数多くの写真雑誌に作品が掲載され、風景、ポートレート、ファッション、ジャーナリズムなど幅広いジャンルで活躍する写真家。

ウェブサイト

http://ideasandimages.co.uk/ 

ギャラリー

1 2


ホーム X Stories Dave Kai Piperが語るXシリーズとの5年間
© FUJIFILM Corporation