Vincent Baldensperger

France
プロフィール

南仏在住のフランス人写真家。
アフリカに生まれ、子供の頃から好奇心からあちこちを旅していた。
現在になっても、彼は写真と共に学び、探し続けている。最高に幸福な、永遠の子供である。

「白ウサギはいると思うか?アリスに会ったことはある?私はある。」
「写真は仕事ではない。私の愛しいXシリーズのカメラで見えないものを探し、白と黒の芳香を嗅ぎ、色と光を食べる。そうした中で与えられる、人々と分かち合いたくなるような天の恵みなのだ。写真はまるで魔法の国のようだ。」

コメント

最初のカメラであるミノルタX500と共に育ち、その後ニコンのフィルム一眼レフを買い、写真は刺青のような、私の一部となった。
それから何年も経ち、更なる革新が来た。最初のデジタル一眼レフを、例のごとくニコンを買った。
誰しもがご存知のように、こうした機材はものすごいスピードで進化する。そして時に素晴らしい出会いが待っている。インターネットのおかげで私はその機会を得た。偉大な写真家、Patrick La Roqueの作品に出会ったのだ。彼はFujiのX-Photographerだった!
私は彼の繊細な写真の世界に出会っただけでなく、Xシリーズのカメラに巡り合えた。時をおかずして、私はニコンを売り払った。今はドキュメンタリーでもスタジオ撮影においても毎日Xシリーズの機材で撮影を行っており、よりハッピーになった。

© FUJIFILM Corporation