Uli Planz

Germany
プロフィール

私の名前はUli Planzである。生まれたのは 1955年で、情熱をもってフリーの写真家として働いている。私はドイツのフランクフルト・マイン近郊に住んでいる。私が撮る写真の大半は、企業向けである。私の主な被写体は、人、ポートレート、建築、企業イベントおよびや働いているところである。個人的には、「ストリートフォト」に強い親近感を覚える。

私は人が好きだ。被写体に近づき、その心の中に入り込むのが好きだ。私は、「心を開く」を信条にしている。

コメント

もう、一眼レフの機材は処分してしまった。また使いたいと思うことも一切ない。Xシリーズは、それだけ素晴らしい写真を創り出す。富士フイルムのカメラ、特にX-Pro2が成す画質は、一眼レフ以上のものだ。プロの仕事において、不足しているものはない。一眼レフではよく直面した前、後ろボケの問題や、埃がセンサーに付着してしまう問題からも解放された。

お気に入りは、X-Pro2。その他にもX-T1とX-T10もよく使う。レンズは、XF18、XF23mm、XF35mm、そしてXF56mm。それと、広角のXF10-24mmと出来が素晴らしいXF50-140mmも忘れてはならない。

X100Tは、こっそりと撮影したいときに活躍する。ルポやトラベルにぴったりなカメラだ。

© FUJIFILM Corporation