Tom Doherty

Ireland
プロフィール

地元の新聞社のカメラマンとして働いて以降、28年間写真家として活動をしている。新聞社での経験はとてもためになった。そして、あらゆるジャンルでも対応できる対応力を培うことができた。現在は、ウェディング、ポートレートとトラベルを主に撮影している。Irish Professional Photographers AssociationとUKのMaster Photographers Associationからフェローシップ、最近ではFederation of European PhotographersからQEPを受賞した。写真家とは、生活の手段ではなく、生活である。

Tom Doherty F.I.P.P.A.Cr./F.M.P.A./Q.E.P.

Qualified European Photographer Award 2011

Awarded Fellowship from the Irish Professional Photographers Association 2011

Awarded Fellowship from the Master Photographers Association (U.K.)

I.P.P.A. Open Art and Creativity Category Winner 2011

I.P.P.A. Avant Garde Wedding Image of the Year 2011

I.P.P.A. Award of Excellence 2011

I.P.P.A. Award of Excellence 2010

I.P.P.A. Avant Garde Wedding Image of the Year 2010

I.P.P.A. Award of Excellence 2009

I.P.P.A. Reportage Wedding Image of the Year 2009

I.P.P.A. Pictorial Category Winner 2008

I.P.P.A. Reportage Wedding Image of the Year 2008

M.P.A. Award of Excellence Overseas Landscape/Travel 2008

M.P.A. Award of Excellence Overseas Avant Garde Wedding 2007

I.P.P.A. Craftsman Award 2007

I.P.P.A. Avant Garde wedding Image of the Year 2007

M.P.A. Award of Excellence Overseas Pictorial / Illustrative 2006

I.P.P.A. Pictorial Category Winner 2006

I.P.P.A. Reportage Category Winner 2006

コメント

2003年に初めてのデジカメを購入してから、NikonやPentax67のような昔ながらのレイアウトを求めていた。富士フイルムがX-Pro1を発表した瞬間に欲しい!と思ったのだ。Canonの5DmkI&IIとレンズを売り払い、現在はX-Pro1を2台、それとX-T1を所有している。レンズは18mm、35mmと56mmだ。ウェディングフォトが私の主な仕事である。富士フイルムのシステムは私の仕事に完璧にマッチしている。イタリアへよく撮影に行くが、この小さくてコンパクトなシステムでも求めている以上の画質で撮影できることに確信を得ている。29年以上も前に手にしたFujifilm STX2が私の初めての一眼レフだ。再び巡り会えたことをうれしく思う。

© FUJIFILM Corporation