Thomas Menk

Germany
プロフィール

Thomas Menkはドイツのハンブルグに拠点を置くファインアート写真家である。
彼女曰く、「カメラというものはカメラなしで世界を見る方法を人々に教えてくれる機材である。」
「写真撮影はめまぐるしい世界で時が経つ時間を遅くしてくれる方法である。写真のいいところは、二度と訪れない一瞬を捉えるところである。私のスタイルは非常にシンプルで、ストレートさともの悲しさである。特に都市景観、風景や旅行写真に興味を持っている。また、ポートレートはスタジオではなく屋外のリアルな環境化で撮影する方が好きである。

コメント

私は普段X-Pro1のみで撮影しているが、その画質と使いやすさに毎回驚いている。軽量な機材であることは、旅行や風景撮影の成功に不可欠な要素である。 X-Transの画質、高感度性能、レンズのシャープさは他のどのカメラよりも良い写真を提供してくれる。私は、突出したセンサー性能とクラシックなデザインを貫く富士フイルムの姿勢に共感している。写真は楽しくなければならないし、その点、富士フイルムは現代の写真家が求めているものを理解しているように思う。

© FUJIFILM Corporation