Prasit Chansareekorn

Thailand
プロフィール

タイの有名なプロ写真家。1984年に写真の撮影を開始し、1989年からShutter Photography誌の編集主幹を務めた後、2001年にThailand Scuba Diver誌の編集主幹に就任。1997年には、『The Royal Kingdom of Thailand Fifty Years of a Golden Reign Book』の写真家も務める。写真撮影のため30カ国以上を訪問、多くの写真展を開催し、『World Wide Photo』や『"WONDERS" World's top Travel Destinations)』などの書籍を刊行。彼の写真は、タイの主要都市と中国 の数都市に展示されている。受賞歴には、2012年の富士フイルムStar Search & Exhibitionなどがあり、主要な写真コンテストの審査も行う。現在はShutter Photography Learning Centerでプロの写真家として教鞭を執るほか、onlinedp.comでオンライン写真講師も務める。

コメント

本格派やプロの写真家にとって、富士フイルムX-Pro1は申し分のない見事なカメラ。ボディとレンズは小型かつ軽量であり、操作が簡単だ。X-Pro1で撮影した写真を初めて見たときは驚いた。ISO 3200や6400などの高感度撮影でも、画質が非常に優れている。つまり、フラッシュや三脚を使わなくても、明るいところから暗いところまで、どんな状態でも高画質で撮影することができる。カメラ操作は、これまでの基本的なフィルムカメラと同じように非常に簡単だ。X-Pro1を使うと、いつでも幸せな気分になれる。

Gear
Website & SNS links
© FUJIFILM Corporation